サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > KTM 250/390アドベンチャー試乗比較【ディテール編|取り回し軽快な単気筒マシン】

ここから本文です

KTM 250/390アドベンチャー試乗比較【ディテール編|取り回し軽快な単気筒マシン】



オフロードマシン ゴー・ライド11月号発売【頭と身体で納得!! 小林直樹のオフロード基礎ライド|林道ツーリングを安全に楽しむために】

1290/890/390/250と4種類の排気量をラインナップしているKTMアドベンチャーシリーズ。今回は普通二輪免許で乗ることができる390と250の2台を、オフロードマシン総合誌『ゴー・ライド』の編集長オガPと副編集長コイが乗り換えつつ林道ツーリング敢行。その2台の紹介とインプレッションを前後編で紹介するゾ!!

●まとめ:ゴー・ライド編集部(小川浩康) ●写真:長谷川徹

デュークシリーズをベースにオフロード走破性能を高めた2台

ダカールラリーで前人未到の18連覇を達成するなど、’53年のバイク生産開始以来、オフロードメーカーとして活動してきたKTM。’90年代後半からはロードモデルもラインナップし、最近ではモトGPでも大活躍している。

そうしたレース活動を大きな軸とし、”READY TO RACE”を標榜するKTMのマシン作りは、レースで得たノウハウが惜しみなく注ぎ込まれた、まさに買ってすぐにレース参戦できるほどの高い戦闘力が大きな特徴。またその一方で、そうした走りの良さは損なわないまま、一般公道での扱いやすさも身につけたストリートリーガルモデルの開発にも最近は力を入れている。

今回試乗した「アドベンチャー」シリーズは、ダカールラリーマシンをベースに開発されたオフロードツアラーをルーツに持つが、より厳格化された法規制に適合させるために最新テクノロジーが盛り込まれ、最新のダカールラリーマシンとは異なる進化を遂げている。1290/890アドベンチャーは高速巡航性能も考慮し2気筒エンジンを採用しているが、390/250アドベンチャーは軽快な取り回し重視にて単気筒エンジンを採用している。この390/250アドベンチャーの単気筒エンジンとフレームは同社のロードスポーツモデル「デューク」シリーズをベースとしていて、前輪を17インチから19インチへサイズアップすることでオフロード走破性能を高めている。

390/250アドベンチャーともにABSを標準装備しているが、390はコーナリングABS/リーンアングルセンサー付きトラクションコントロール/調整可能な前後サスペンションを装備。LEDヘッドライト/フルカラー液晶メーターといった装備面も異なり、車両価格は390の方が10万円高い。

KTM 250アドベンチャー

―― 【KTM 250 ADVENTURE】■最低地上高200 シート高855(各mm) 車重159kg ■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 248.8cc 30ps/9000rpm 2.4kg-m/7250rpm 変速機6段 燃料タンク容量14.5L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-17 ●価格:72万9000円

―― ボア72mm×ストローク61.1mm。低中速域で粘る特性がトレールマシンのような扱いやすさになっている。

―― オーソドックスなデザインのヘッドライトはハロゲン球。

―― 液晶メーターはモノクロ表示だが視認性は良好。速度/エンジン回転/ギヤポジション/ガソリン残量/時計などを表示。メーター下にはシガーソケット。テーパーハンドルはスチール製。

―― フロントブレーキはバイブレ製。ABS解除はできないが、オフロードモードにすると介入がやや遅れる設定となる。

―― リヤブレーキのみABS解除ができる。スイングアーム前方内側のパーツはエキゾーストパイプ。ここを大容量にしている分、サイレンサーを小型化。重量マスを車体中心に集中させている。

―― 【左】フロントサスはWP製APEX43。ストローク量は170mm。調整機能は省略されている。【右】リヤサスはWP製APEXモノショック。ストローク量は177mm。プリロード調整のみ可能。

KTM 390アドベンチャー

―― 【KTM 390 ADVENTURE】■最低地上高 シート高855(各mm) 車重161kg ■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.8kg-m/7000rpm 変速機6段 燃料タンク容量14.5L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-17 ●価格:82万9000円

―― ボア89mm×ストローク60mm。中速域から伸びる特性は高速道路で余裕の巡航性能を発揮。

―― LEDヘッドライトは1290/890と同一イメージの左右2分割のデザインを採用。

―― フルカラー表示で見やすい液晶メーター。250同様の機能に加え、トラクションコントロールとABSのモードも表示。メーター下にはシガーソケット。テーパーハンドルはアルミ製。

―― クラッチ側ホルダーにメーターの操作スイッチを配置。操作性は良好。

―― アクセル操作はボッシュ製ライドバイワイヤーを装備。軽い操作性に貢献し、レスポンスも良好だ。

―― フロントサス左側の白いダイヤルはスプリングの縮み方、右側の赤いダイヤルはスプリングの伸び方を調整する。ストローク量は170mm。

―― スプリング下のネジで、リバウンドする際のダンパー効果を調整できる。ストローク量は177mm。

―― テスト車両は純正オプションのクイックシフター+(価格:3万3660円)を装備。

後編では、オフロードマシン専門誌『ゴー・ライド』の編集長&副編が、林道ツーリングにおける2台の走りや特徴などを実走インプレッションする。

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します