サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ノッポな軽SUVはどっちが好み? 三菱「eKクロススペース」とスズキ「スペーシアギア」を徹底比較!

ここから本文です

ノッポな軽SUVはどっちが好み? 三菱「eKクロススペース」とスズキ「スペーシアギア」を徹底比較!

■「背が高い×スライドドア×SUV風」要素を持つ2台を比較!

 三菱は、新型軽自動車「eKスペース」「eKクロススペース」を2020年3月19日より発売。なかでも、オフロード風なeKクロススペースは、近年のトレンドであるオフロードテイストを取り込んだモデルです。軽自動車市場には、似たようなモデルがいくつか存在しますが、今回はスズキ「スペーシアギア」と比較してみます。

スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 近年は、全高1700mmスーパーハイトワゴンの人気が高く、なかでもスライドドアを備えたホンダ「N-BOX」、ダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」が人気をけん引しています。

 今回、発売されたeKスペースとeKクロススペースは、2019年3月に登場した「eKワゴン」と「eKクロス」に続くモデルとして登場。

 とくにeKクロススペースは、スーパーハイトワゴン特有の全高の高さとスライドドアというふたつの要素をもつほか、最近の軽自動車やコンパクトカー、ミニバンなどでも採用されているオフロードやSUVのテイストも取り込んだモデルです。

 eKクロススペースのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1780mm-1800mm。外観デザインは、最近の三菱のフロントマスクに共通する「ダイナミックシールド」をベースに、SUVらしさを強調しアクティブかつ力強い印象としました。

 大胆な表情を生むフロントグリルの「ハニカムグリルパターン」は、新型「デリカD:5」や新型eKクロスにも採用されているもので、緻密にデザインされているのが分かります。

 また、ヘッドライトはボンネットに潜り込むように配置され、ボンネットとの隙間を見せないようにするなど、手が込んだ造り込みがおこなわれました。

 SUV風のeKクロススペースについて、三菱は次のように説明します。

「現在のスーパーハイトワゴンのカテゴリにおいては各社ラインナップがありますが、多くのモデルにカスタムといわれるエアロパーツが装着されたクルマと、スタンダードと呼ばれる標準モデルが用意されています。

 SUVを強みとする三菱として、すでに発売されている『デリカD:5』や『eKクロス』と同様に、eKクロススペースにもSUVテイストを取り入れました」

 また、同社の国内営業本部長 印藤啓孝氏は、「2020年3月19日の発売開始までに、月販目標2400台の倍以上となる5000台の予約を狙っていきたい」と意気込みを語っています。

※ ※ ※

 一方のスペーシアギアも同様の売れる要素を取り込んだモデルとして、2018年12月にスペーシア、スペーシアカスタムに続くモデルとして登場しました。

 ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1800mm。スペーシアギアの外観デザインは、ヘッドライトやフロントグリル、側面ドアやバックドアなどにガンメタリックが配され、車名のとおり「アウトドア・ギア」感が演出されているほか、14インチアルミホイールが足元を引き締めます。

 内装は、モノトーンの雰囲気のなかに差し色としてオレンジが使われていて、また全席撥水加工仕様のシートや防汚仕様の荷室フロア、シート背面が採用されています。

 スペーシアギアの特徴について、スズキは次のように話します。

「スペーシアギアのデザイン面については、アウトドアテイストあふれるアクティブな印象のエクステリアや、タフな雰囲気に遊び心を盛り込んだ個性的なインテリアが特徴です。

 また、日常使いだけでなく、アウトドア、レジャーでの使い勝手にも優れたユーティリティ性や新設定色を含めた、幅広いカラーバリエーションもポイントとなります。

 発売当初の全体での販売比率は『標準車約4割、カスタム約4割、ギア約2割』という形ですが、ギアの販売目標(2千台/月)を大きく上回る台数でした」

 スペーシアギアの開発コンセプトは、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合した“SUVな軽ハイトワゴン”」として、スライドドアの高い利便性を活かしたアクティブな仕様となっています。

 2020年2月現在、背が高く、スライドドアを採用したSUV風モデルは、eKクロススペースとスペーシアギアの2車種となり、両車の販売動向に注目が集まります。

■走行・快適性能やグレード展開の違いは?

 eKクロススペースのパワートレインは、eKクロス/eKワゴンと同じですが、eKクロススペース(eKスペース)には全車ハイブリッドを搭載しています。

 自然吸気エンジンとターボエンジンを用意し、CVTと組み合わせることで、力強く滑らかな加速性能と優れた燃費性能を両立。駆動方式は2WDと4WDが選択可能です。

 また、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」をオプションで設定。さらに、下り坂でアクセルとブレーキの操作が不要となる「ヒルディセントコントロール」を国内の三菱車として初めて搭載しました。

 そのほか、新型eKクロススペースに、アダプティブLEDヘッドライト(ALH)がオプション設定されました。ALHは、対向車や先行車にハイビームを照射しないよう、自動的に照射範囲を制限することで、対向車や先行車を幻惑させることなく、視認性を確保します。

 安全装備は、eKワゴン/クロスに装備されている「e-Assist」に加えて、標識検知機能、ふらつき警報、先行車発進お知らせ、前方衝突予測警報という4つの機能が増えています。

 室内空間においては、アクティブなシーンも日常での使用にも対応できるよう、背の高さを活かして広い室内空間を実現。室内高は1400mmを確保し、子供が立って着替えることも可能です。また、ロングスライドできる後席は最大320mmスライドし、一番前にした状態で、運転席から後席の子どもや荷物に楽に手が届くようになっています。

 両手がふさがっていても、フロア下に足を抜き差しすることでスライドドアが開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」も装備され、便利に使えるようになっています。

 一方のスペーシアギアのパワートレインも、自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定。発進時にモーターのみで走行できる全車にCVTとマイルドハイブリッドシステムが搭載されている点や、2WD/4WDを選択できる点もeKクロススペースと同様です。

 安全面では、前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備。

 さらにフロントガラス投影式の「ヘッドアップディスプレイ」をメーカーオプション設定し、安全装備を充実させています。

 快適装備としては、スリムサーキュレーターや後席両側ワンアクションパワースライドドアなど搭載。さらに、日常だけでなくアウトドアでも水濡れや汚れを気にせず使える、撥水加工を施した専用ファブリックシート、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面を採用しています。

 また、後席右側のパーソナルテーブルや、メッシュタイプの助手席シートバックポケットなどを採用し、アクティブライフに役立つ使い勝手の良さを向上させました。

※ ※ ※
 
 両車のグレード展開ならび車両価格(消費税込)は、eKクロススペースが「M」(2WD:165万5500円/4WD:178万7500円)、「G」(2WD:177万1000円/4WD:190万3000円)、「T」(2WD:185万9000円/4WD:199万1000円)です。

 スペーシアギアは、「HYBRID XZ」(2WD:164万4500円/4WD:176万4400円)、「HYBRID XZターボ」(2WD:172万7000円/4WD:184万6900円)となり、それぞれのグレードに設定されるガンメタリック2トーンルーフ仕様は約5万円ほど掛かります。

 同じ売れる要素を持っていてもスタイリッシュな印象を持つeKクロススペースと丸目が特徴のスペーシアギアでは、デザインの好みが分かれるところです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します