サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマ好きは喜ぶけどよく考えると「誰が」買う? バカッ速エンジンを積んだ衝撃実用車たち

ここから本文です

 この記事をまとめると

◼︎どこに需要があるかわからないハイスペックすぎる乗用車は昔からあった

見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

◼︎売り上げは正直イマイチだった

◼︎普通な見た目から想像できないパワーでインパクトは抜群だった

 ”羊”すぎる見た目を裏切る超ハイスペックエンジンを搭載した迷車

 羊の皮を被った狼、その元祖と言われるのは1964年にレース用ホモロゲモデルとして発売されたスカイラインGT(量産版はGT-B、GT-A)である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン