サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ACサンクチュアリーCB750F RCM404(ホンダCB750F)/ワンオフも駆使して作り込んだRCM-CB #Heritage&Legends

ここから本文です

ACサンクチュアリーCB750F RCM404(ホンダCB750F)/ワンオフも駆使して作り込んだRCM-CB #Heritage&Legends

パーツがなかったゆえにカスタムらしさも強まる
「サンクチュアリーによるRCM=リアル・コンプリート・マシンのホンダCB-F」。

こう聞けば車両の素性は何となく伝わってくるだろう。前後17インチ化に始まる車体アップグレードと、それにふさわしい細部の仕上がりを持ったカスタムコンプリート車両である。

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」を徹底検証!

だが、この車両の場合は少し事情が異なった。オーナーが長年所有していたフルノーマル車を、運動性能を高めたいと同店に持ち込んだ……というところは他のRCM同様。

ここでZ系やNinja系ならば、17インチ化のための最適数値を持った同店のスカルプチャーステムやスイングアーム等が使用パーツに挙がってくる。

ところがこれらはCB-F用にラインナップがない。そのためにZ用を用意し、CB-Fにきちんとフィッティングさせるという作業を介して装着した。

こうした“元々合わない”パーツを合わせるには当然車体側にも合うような加工が、パーツ側にもサイズ感や形状などを合わせる作業が必要になる。

もうひとつ、旧車で現行ハイスペックラジアルタイヤを履くためのホイールセンター出しやチェーンラインオフセット(リヤ130幅が180~190クラスに拡大するので、その分チェーンラインを外に出す必要がある)にリヤサスのレイダウンといった、これも他機種では当然となった加工を改めて施していく。

図らずも専用パーツがなかった時代の作り込みを、ここでは純正でこそないが既存のアフターパーツに手を入れるという内容で行った。

車体側でも、寸法取りを行い、狙うディメンションをまず検討してかかったという部分も、カスタム黎明期の手法を踏襲したと感がある。そうして出来上がったこの姿は、紛れもなく17インチ適合(走って良し、所有して良しとも同店では言う)のRCMでありつつ、ちょっと独得のカスタムらしさにもあふれる。

同時にショップ側にはCB-FへのRCM製作ノウハウの蓄積ともなった。こうした製作例があれば、今後CB-FでRCMを作りたいというユーザーにも手早く対応が出来る。

コンプリートカスタムと言えども、初めから見本やデータがあってハイ完成車、となるものではないのだ。そんな製作バックグラウンドも合わせて、新鮮味のある仕上がりとなった。

Detailed Description 詳細説明
取材協力:サンクチュアリー本店
記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
Heritage&Legendsが取材した、いま話題のザ・グッドルッキン・バイク
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号情報

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します