サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【KTM 1290スーパーデュークR 海外試乗】完璧に調教された従順なビースト…伊丹孝裕

ここから本文です

メーカー自ら「THE BEAST」、つまり「野獣」と呼ぶ、物騒極まりないモデルがKTMの『1290スーパーデュークR』である。

なにせ排気量は1301ccもあり、最高出力は180hpに到達。なのに乾燥車重は189kgしかないのだ。パワーウェイトレシオに換算すると1.05kg/hpという異様さで、鍛え上げられたその体躯はバッキバキ。

実際、ヘッドライトもサイドカウルも削ぎ落されたかのように鋭く、どこをどう見ても余計な脂肪はない。KTMがラインナップするモデルの多くはトゲトゲしいた佇まいをしているが、その中でも群を抜くアグレッシブさだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ