現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【値上がり必至!? 値落ち確実!??】最近急増中「周年記念車」の気になる中古相場

ここから本文です

【値上がり必至!? 値落ち確実!??】最近急増中「周年記念車」の気になる中古相場

掲載 更新
【値上がり必至!? 値落ち確実!??】最近急増中「周年記念車」の気になる中古相場

 日本人は限定品が好きだ。もちろんクルマも限定車(特別仕様車)は人気が高く、中古車が新車価格を上回るケースはある。

  最近では日産GT-RやフェアレディZが誕生50周年記念車を発表、またマツダがロードスター誕生30周年記念車を発表するなど、アニバーサリーモデルがブームになっている。

【17年間の時を経て高らかに復活!!】ピュアスポーツとして生まれ変わった新型トヨタスープラ

 今回はそうした〇周年モデルという、アニバーサリーモデルの限定車に絞り、過去に発売されたアニバーサリーモデルの中古車価格の動向を徹底調査。

 はたして価格は上がっているのか? 通常のモデルと大して変わっていないのか? モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ベストカーWEB編集部

■台数限定のアニバーサリーモデルに価値はあるのか?

GT-R 50thアニバーサリーは、2020年3月末までの期間限定発売で今年6月に発売する。価格は1319万2200円から1351万6200円

 限定車は、大きく二つにわけることができる。内外装に特別な色を使用し、さらに人気の装備を装着するタイプ。

 そしてもう一つは内外装の変更に加えて、エンジンのファインチューニングやサスペンションの最適化など走行性能に磨きをかけたタイプだ。

 そう、前者は販促目的の色合いが強く、後者はよりこだわりの強いユーザーに対して発売するモデルだ。新車価格より中古車の価格が高くなるのはスバルSTIのSシリーズを見てもわかるとおり後者だ。

 では、限定車のなかでもさらに絞り込んだ〇周年モデルとなるとどうだろうか?

 過去には1996年にはトヨタが市販車生産60周年記念車として車両本体価格800万円で販売したトヨタクラシック、2011年11月にトヨタ自動車生産累計1億台達成の記念車として1000台限定で販売したトヨタオリジンなどがあった。

 また、日産の子会社であるオーテックジャパンは限定30台で30周年記念車、マーチボレロA30を356万4000円で販売するなど、従来の市販車とは一線を画すモデルが販売されることがあった。

 ここまでのスペシャルモデルは別として、〇周年のアニバーサリーモデルが最も多いのがトヨタだ。

 クルマの誕生記念だけでなく、トヨタ店生誕記念といったようなアニバーサリーモデルに加えて、エリアの販売店限定のアニバーサリーモデルも設定されている。

 その一方でアニバーサリーモデルが少ないのが、ホンダで、2代目フィットに設定された10thアニバーサリーモデルぐらいだった。

■トヨタクラシック(1996年)

●残価率/44.8%

トヨタの乗用車生産60周年を記念して1996年に800万円、限定100台を販売。 ベースとなったのは5代目ハイラックスダブルキャブ仕様車で車体の前後や屋根を中心に元の車種の判別が難しいほどに大幅に手が入れられている

 そこで、ここでは、現在中古車で購入できる注目度の高いアニバーサリーモデルをメーカー別に紹介しよう。

 まずはトヨタ。先ほども紹介した1996年に登場したトヨタクラシックは現在3台の中古車が流通していて、価格帯は約340万~432万円、平均価格は約359万円。

 販売開始から約23年が経過しても新車時価格の44.8%という残価率は驚異的な数値といえる。

■トヨタオリジン(2000年)

●残価率/45.1%

トヨタ自動車生産累計1億台達成の記念車として1000台限定で発売。プログレをベースとし、初代トヨペットクラウン(RS型)をモチーフにドアも観音開きとしている

 続いては2000年に発売されたトヨタオリジン。現在中古車の流通台数は6台で、価格帯は約230万~約470万円。

 平均価格は乱高下して316万円で約19年落ちのクルマながら残価率は45.1%とこれまた驚きだ。

■カローラ生誕50周年記念車(2016年)

●残価率/73.5%

カローラの生誕50年を記念し、限定500台の特別仕様車、カローラアクシオハイブリッドG50 Limited(ゴーマルリミテッド)


初代カローラの特徴である赤の内装シート(写真下)と花冠エンブレムを復刻することで、50年の歴史を今に再現したクルマとしている

 5ナンバーサイズセダン、カローラアクシオにも2016年7月に生誕50周年記念車の「ハイブリッドG 50リミテッド」が限定500台で販売された。

 初代カローラの特徴である赤の内装シートと、花冠エンブレムが特徴だが、現在流通している中古車はわずか2台で、価格帯は約168万~185万円。

 平均価格は176.4万円で残価率は73.5%となっている。やはり、ほかのアニバーサリーモデルとは違う、スペシャル感を反映して残価率は高い。

■トヨタ店創立70周年記念特別仕様車のクラウンとランクル&プラド(2016年)

●クラウン:残価率/74.6%

アスリート、マジェスタに特別仕様車Jフロンティアというアニバーサリーモデルを設定。日本のモノづくりの技術を用いたレイヤーウッドステアリング(本木目)や超極細繊維で構成されたスエード調人工皮革ウルトラスエードなどが特別装備

 トヨタ店創立70周年を記念した特別仕様車が、クラウン(旧型)、ランドクルーザーそしてランドクルーザープラドに設定され2016年8月に販売された。

 クラウンはアスリートとマジェスタにJフロンティアというアニバーサリーモデルを設定。

 中古車が最も多いのは2.5ハイブリッドS Jフロンティアで流通台数は9台、中古車の価格帯は約320万~約408万円で、平均価格は388万円。新車時価格は520万200円だったので、残価率は74.6%となっている。

●ランドクルーザー:残価率/101%

ランドクルーザー特別仕様車ZX Gフロンティア。 285/50R20タイヤ+20×8.5Jアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)、専用ルーフレール(クロームメッキ+シルバー塗装)、プレミアムナッパ本革シート表皮(キルティングステッチ加工) を装備

 ランドクルーザーとランドクルーザープラドにはGフロンティアという本革シートを装着したアニバーサリーモデルを設定。ランドクルーザー4.6ZX Gフロンティアの中古車の流通台数は6台で、価格帯は約689万~749万円。

 平均価格も約730万円と3年落ちながら、新車価格723万6000円を上回る残価率101%を達成した。3カ月前の平均価格は772万円だったので、だいぶ適正価格になってきた。

●ランドクルーザープラド:残価率/82%

ランドクルーザープラド特別仕様車TX“Lパッケージ・Gフロンティア(ディーゼル車)。 265/60R18タイヤ+18×7.5Jアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)、専用ツートーンルーフレール(シルバー×ブラック)、本革シート表皮(ステッチ付・レッドウッド) などを装備

 ランドクルーザープラドは2.8DT TX LパッケージGフロンティアが流通台数18台で最多グレードとなっている。

 価格帯は約359.9万~499.8万円で一部新車時価格の477万5760円を上回るクルマもあるが、平均価格は392万円で、82%という高い残価率になっている。

■ハイエース誕生50周年記念車(2018年)

●残価率/101.1%

ハイエースの誕生50周年を記念した特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は最上級グレード「スーパーGL」をベースに外装は漆黒メッキを施したフロントロアグリルをはじめ、フロントフォグランプベゼルやフルホイールキャップに高輝度塗装を施した。また、バックドアには50周年記念エンブレムを装備


内装では、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用したほか、シート表皮にダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。また随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施すなど、より高級感と上質感を演出

 乗用モデルだけでなく、商用モデルにもトヨタはアニバーサリーモデルを設定しているのが特徴だ。まずは2018年8月に発売されたトヨタハイエースの誕生50周年記念車、スーパーGL 50周年アニバーサリーリミテッド。

 最上級グレードのハイエースバン・スーパーGLをベースに漆黒のグリルなどを装着したモデル。

 全6グレードが設定されているが、最も多いのが2.8DTスーパーGL50周年アニバーサリーリミテッドロングボディ4WDで流通台数は69台。

 価格帯は約379.8万~約499万円で平均価格は418万円となっており、新車時価格の413万3160円の101.1%となっている。

■ハイラックス誕生50周年記念車(2018年)

●残価率/100.5%

ハイラックスの誕生50周年を記念した特別仕様車、Zブラックラリーエディション。上級グレードの「Z」をベースに、ブラック塗装で統一した専用デザインのアルミホイールやフロントグリル、バンパーのほか、オーバーフェンダーなどを装備。18インチにインチアップしたタイヤは、文字を白色で記したホワイトレタータイヤだ。内装もステアリングホイールの一部やダッシュボードなどにブラックメタリック加飾を施したほか、専用オプティトロンメーターも装備

 2017年9月に13年ぶりに日本市場に復活したハイラックスには2018年11月に誕生50周年を記念したZブラックラリーエディションを設定し、394万7400円で発売開始した。

 現在中古車の流通台数は26台で、価格帯は約384.7万円~475万円。ドレスアップ車も含まれるものの、平均価格は397万円で、新車時価格を100.5%と上回る結果となっている。

 やはりランドクルーザーやハイエース、ハイラックスと多少ドレスアップ車の影響はあるものの、こういった個性的なクルマが高価格をキープするようだ。

■スカイライン60周年記念車(2016年)

●残価率/56.9%

スカイライン60thリミテッドは350GT ハイブリッド タイプSP、350GT FOUR ハイブリッド タイプSP、200GT-t タイプSPをベースとし、セミアニリン加工を施した高級本革シートや前席スポーツシート、 内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かしたオープンポアウッドを採用するなど上質な室内空間を実現するアイテムを標準装備。2016年11月7日から2017年9月末日受注分までの期間限定販売

 続いては日産だが、トヨタと比べると車種数は正直寂しい。まずはスカイライン。2016年11月に60周年記念車を3グレード設定。

 最も中古車の流通台数が多いのが350GT ハイブリッド60th リミテッドの4台。価格帯は約360万~約399万円で、平均価格は331万円。新車時価格は581万400円なので、残価率は56.9%だ。

■リーフ、キューブの日産創立80周年記念車(2014年)

●リーフ:残価率29.8%

リーフ80th Special Color Limitedは日産を代表するGT-RやフェアレディZの歴代の名車で採用したヘリテージカラーを受け継いだ車体色を特別に設定したモデル。さらに専用ブロンズカラーのホイールカバーやドアミラーなど魅力的な装備を標準装備

 次に2014年5月にリーフとキューブに設定された日産の創立80周年を記念したスペシャルカラーリミテッド。

 リーフのX80周年スペシャルカラーリミテッドの中古車は13台流通しており、平均相場は103万円で、残価率29.8%とかなり厳しい数字となっている。

■フィット10thアニバーサリー(2011年)

●残価率/40%

専用のブラック内装やメーカーオプション装備として人気の高いHondaスマートキーシステム、ETCなどを標準装備したフィット10周年特別仕様車、13G 10th アニバーサリー

 ホンダは旧型フィットに専用のブラック内装や、メーカーオプション装備として人気の高いHondaスマートキーシステム、ETCなどを標準装備したフィット誕生10周年の記念した10thアニバーサリーを設定。

 主力グレードの13G 10thアニバーサリーは161台と流通台数が多く、平均価格は53万円と残価率は40%だ。

■ロードスター20周年記念車(2009年)

●残価率/69.4%(ソフトトップモデル)

ロードスター20周年記念車」は、ソフトトップモデル「RS」(6MT車)およびパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)モデル「VS RHT」(6AT車)をベースに、赤色と黒色を組み合わせたバケットタイプの専用スポーツシート(RECARO社製)、20周年を表す専用オーナメント、フロントフォグランプ(クリアタイプ)などを特別装備

 マツダは2009年7月、旧型ロードスターに20周年記念車を設定。中古車はソフトトップモデル、RHTモデルそれぞれ1台しか流通しておらず、ソフトトップ車が200万円で残価率69.4%、RHT車は残価率58.8%とマニュアル車のソフトトップ車のほうが高い残価率を示している。

●RX-8ロータリーエンジン40周年記念車(2007年)

●残価率/20%

RX-8ロータリーエンジン40周年記念車は、TypeSおよびTypeEをベースとして、コスモスポーツを想起させる専用本革ブラック&アルカンターラシートを装備。専用ボディカラーのマーブルホワイト、そして専用オーナメントを採用。また、ロータリーエンジン特有のスムーズな吹き上がりの良さを最大限に追求し、足回りにはRX-8専用仕様のビルシュタイン社製ダンパーや発泡ウレタン充填フロントサスクロスメンバーなどを特別装備

 絶版車のRX-8には2007年8月ロータリーエンジン40周年記念車を設定されていた。現在流通している中古車はわずか2台で、平均価格は約63万円。残価率は20%となっている。

●インプレッサWRX STI 20thアニバーサリー(2008年)

●残価率/34.6%

STI創立20周年を記念した特別仕様車インプレッサWRX STI 20thアニバーサリー。インプレッサWRX STIをベースに専用チューニングが施されたダンパー/スプリングをはじめ、STI製のピロボールブッシュ、リアサスリンク、フレキシブルタワーバー/ロアアームバーを装備。さらにインテリアにはSTIロゴとチェリーレッドのステッチが入った専用のRECARO製フロントシートを設置。エクステリアでは大型のマットブラックに塗装されたルーフスポイラーやフロントアンダースポイラー、STI製の18インチ鋳造アルミホイールなどが与えられる


 スバルは遡ること10年前の2008年10月STI創立20周年を記念した「STI 20thアニバーサリー」を発売。

 現在中古車の流通台数はわずか2台で新車価格412万6500円に対し、平均価格は約143万円、残価率は34.6%。やはりスバルにはSシリーズがあるだけに厳しいか。

■コペン10周年記念車(2012年)

●残価率/85.5%

2012年4月、コペンの生産終了(2012年8月末)に伴い、同車の発売10周年を記念した特別仕様車「コペン 10thアニバーサリーエディション」を設定 。ベースグレードの「アクティブトップ」に、“10th ANNIVERSARY”のロゴとシリアルナンバーの付いたアルミスカッフプレートカバーを特別装備。また「アルティメットエディションS」に設定されているブラックメッキフロントグリルや赤いステッチが施された本革製スポーツシート(ブラック)などを採用している

 三菱やスズキはピックアップする車種は見当たらず、最後にダイハツの軽オープンカー、コペンに注目したい。

 2012年まで販売されていた初代コペンのファイナルモデルとして2012年4月に10周年記念車を発売。

 現在中古車はAT車のほうが8台と流通台数が多く、平均相場も154万円と高い。残価率も7年落ちながら驚異の85.5%となっている。ヘタすると現行型コペンよりも高価格となっているかもしれない。

■スバルSTIタイプRA-R(2018年)

●残価率/113.6%

ベースとなったSTIから約10kg、S208に比べ約30kgの軽量化をはたしている。ちなみにRA-Rの意はレコード・アテンプト(記録に挑戦する)・レーシング 。 エンジンはS208と同じEJ20で329ps/44.0kgmを発生。入念にバランス取りされ、ボールベアリング・ツインスクロールターボを装着。パワーウエイトレシオはベースのWRX STIが4.94kg/ps、S208が4.59kg/psに対し、シリーズ最強の4.498kg/ps

 2018年7月19日、スバルのモータースポーツ、コンプリートカーを手がけるSTIが、創立30周年記念モデルとして、WRX STI特別仕様車の「タイプRA-R」を500台限定、499万8240万円で販売を開始したが、なんとわずか8時間で完売 。

 まだタイプRA-Rの中古車流通台数は少なく、5月15日時点で2台しかない。いずれも価格はASK表示で、一度問合せしないと価格はわからない。

 そこで問い合わせしたところ、1台は走行2000km、オプション価格146万4275円込みで690万円。

 もう1台は走行24kmというほぼ新車状態のタイプRA-R。価格は総額568万円だった。いずれの2台も新車価格より高く、プレミアム価格となっていた。

  スバルは、最近、60周年記念車をインプレッサやレヴォーグ、アウトバックなどに設定しているが、そのあたりも気になるところだ。

■アニバーサリーモデルは買っておくべきか?

フェアレディZ 50th Anniversaryは2020年3月までの期間限定モデルとして、2019年夏に発売される予定。価格は未定。ベーシックグレードをもとに、1990年にアメリカのSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインをモチーフにしている

 今回、アニバーサリーモデルで値上がりしている車種を期待していたのだが、全体の傾向を見ると、一部の車種を除き、中古車になっても期待していたほど値段が上がっていないことがわかった。

 やはり、内外装に特別な色を使用し、さらに人気の装備を装着する、いわば「大したことのないんじゃない?」と感じる〇周年記念車の中古車価格は、通常のモデルとあまり変わらない。アニバーサリーモデルという名に惑わされず、ちゃんと中身を見ている証拠。

 アニバーサリーモデルでもやはり、STIタイプRA-Rのように走りに磨きをかけたクルマのほうが高価格を維持しやすいが、ランドクルーザーやハイエースといった人気車種はやはり特別仕様車の人気も高くなることがわかった。なかでも今回1番の衝撃は初代コペンだった。

 限定、アニバーサリーという文言に惑わされず、そのモデルにどれくらいスペシャル感のある特別装備が付けられているのかが見極めどころ。安易に飛びつくことなかれ!

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
AUTOSPORT web
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
AUTOSPORT web
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
AUTOSPORT web
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
AUTOCAR JAPAN
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
AUTOSPORT web
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
くるまのニュース
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
AUTOSPORT web
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
Auto Messe Web
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
AUTOSPORT web
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
AUTOCAR JAPAN
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
AUTOSPORT web
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
VAGUE
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
レスポンス
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
AUTOSPORT web
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

472.8683.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

221.71100.0万円

中古車を検索
ランドクルーザー200の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

472.8683.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

221.71100.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村