サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキの2022年3月期業績予想、3期ぶり増収見込むが営業利益は4期連続減

ここから本文です
 スズキは5日、「未定」としていた2022年3月期の業績予想を公表した。売上高は前年比7・0%増の3兆4千億円と3期ぶりの増収を見込む一方、営業利益は同12・6%減の1700億円と4期連続の減益になる見通し。半導体不足による工場稼働への影響が年度末まで続くとみているほか、原材料価格の高騰や研究開発費の増加が利益を圧迫する。研究開発には同3割増の1900億円を投じて電動化への対応を加速する。

 4~6月の業績は3期ぶりの増収増益となった。四輪車販売はインド、日本、欧州などの増加で同136・8%増の62万4千台に拡大。二輪車は同32・3%増の36万3千台になった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン