サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カエルとキリギリスの足裏を模倣し表面加工 ジヤトコが湿式クラッチの摩耗性と耐久性を向上

ここから本文です

 ジヤトコは、湿式クラッチの摩耗性と耐久性を向上する表面加工技術を開発したと発表した。クラッチのスチールプレート表面に排油性能を高める特殊加工を施すもので、2種類の生物がもつ機能からヒントを得て開発したという。主力製品のCVT(無段変速機)や、開発中の駆動用モーターシステム「eアクスル」で、2020年代半ばの実用化を目指す。

 開発した表面加工技術は、「バイオミメティクス」と呼ばれる生物模倣技術を活用した。

ジヤトコ、「eパワートレイン推進部」新設 日産の電動車シフトへの対応力強化

 カエルとキリギリスの足に共通する六角形の形状を、スチールプレート表面に加工を施す。

おすすめのニュース

サイトトップへ