サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 峠の走り屋から開発者へ! 自らが作った「コペン」でチャンピオンまで獲得した「クルマ馬鹿」ダイハツ技術者の夢とは

ここから本文です

『ちいさなクルマ』の可能性を モータースポーツを通じて発信

 現行のLA400系コペン誕生の裏で、開発メンバーのひとりとして携わった、ダイハツ工業の殿村裕一(とのむら ゆういち)さん。昨年は、自らがつくったLA400系コペンを駆って「近畿ジムカーナミドルシリーズ(JAF公式戦)」のATクラスで悲願のシリーズチャンピオンを獲得。

「シャコアゲ」の波はスポーツカーにまで! 野生化した「コペン」は4WDでトレーラー引きまでする衝撃のカスタムだった

 そんな殿村さん、ダイハツに入る前は三菱自動車に在席していたのだが、そこでパリダカや世界ラリー選手権の現場で活躍していた人物でもある。メーカーの開発者が自らステアリングを握り、モータースポーツの世界に殴り込む──何とも興味深い話である。

おすすめのニュース

サイトトップへ