サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 世界ラリー選手権への挑戦を2.5次元で…トヨタ博物館

ここから本文です

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、企画展「激走!! 2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡」を2021年10月30日から2022年4月17日まで開催する。

世界中の公道を舞台に、市販車ベースの競技車両で争われるWRC(FIA世界ラリー選手権)。今年もラリー・モンテカルロを皮切りに、世界の自動車メーカーが威信をかけて開発したマシンで過酷な戦いを繰り広げている。

WRCには50年近く前から多くの日本メーカーが参戦。かつて2度にわたり日本車が年間全戦を制覇し、「日本車でなければ勝てない」と言われた時代もあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ