サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「音量」よりも「音質」がキモ! 厳しい騒音規制のなかでメーカーがこだわるマフラーの排気音チューニングとは

ここから本文です

規制の枠内でマフラーの性能と音質を突きつめるメーカーの戦い

 チューニングといえばマフラー交換である。各種の騒音規制は年々厳しくなっていく一方だが、それでもマフラー交換のメリットは計り知れないほど多いし、とくに快音が響くときの気持ちよさは別格だ。では、いまどきのマフラーではどうやって気持ち良い音を実現しているのだろうか。

進化っぷりがハンパない! かつて貧乏チューン感ありありだった「マフラーカッター」が再注目されるワケ

「交換用マフラー事前認証制度」でメーカーの責任が増大

 20年以上も前の常識では、ノーマルマフラーは「排気抵抗が激悪」と言われていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン