サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 古くても安心! マツダが後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売

ここから本文です

古くても安心! マツダが後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売

対象モデルは旧「デミオ」と「ベリーサ」

マツダは、既販車の「デミオ」と「ベリーサ」を対象に、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を全国のマツダ販売店を通じて7月6日に発売した。メーカー希望小売価格(消費税込み、取り付け費など諸費用は別)は67,100円。

【スクープ】ロータリーエンジンと共に復活なるか? 「マツダ・コスモスポーツ」のエクステリアを大予想!

この装置は、車両前後に装着した超音波センサーで前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知した場合、ブザー音と室内に取り付けたインジケータで注意喚起。それでもブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを強く踏み込んだ場合には、加速を抑制し衝突時の被害軽減に貢献する。

 

また、後退時には壁などの障害物を検知していない時でも、時速約5km以上でアクセルペダルを踏んだ場合はブザー音とインジケータで注意喚起、加速を抑制して衝突の回避や被害の軽減を図る。

なお、今回発売する後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」はマツダ純正用品で、サポカー補助金の対象になる。

近年、駐車場などでのペダル踏み間違いによる事故の割合が増えている。このような状況に対して、マツダは独自の安全思想であるマツダ・プロアクティブ・セーフティにもとづいた安心安全技術を搭載した車種を拡充し、クルマに乗る人が安心して運転を楽しめることを目指してきた。今回のペダル踏み間違い加速抑制装置の導入により、現在販売中の車種だけではなくデミオやベリーサを長く乗り続けているユーザーも、より安心して運転を楽しめるようになった。

デミオ対象車
・車体番号:DE***-100001~の車両。ただし、EV車(700001~)は対象外。
・車両仕様トランスミッション:AT車、CVT車
・製造時期:2007年~2014年

ベリーサ対象車
・車体番号:DC***-200001~の車両。ただし、100001~200000は対象外。
・車両仕様トランスミッション:AT車
・製造時期:2005年~2015年

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します