サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1首脳、バーレーンGP敗因のひとつはデフのトラブルと主張

ここから本文です
 F1関係者の間では昔から、「レーシングドライバーは、自分の思うように物事が進まなかったときはいつでも、『言い訳集』のページを開く」と言われる。彼らは自分のミスや至らなかった点をなんとかして隠そうと、さまざまなパターンの説明を行うのだ。レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、ドライバー生活から引退して50年ほどになるが、『言い訳集』の存在を忘れていなかったようだ。彼は、それを使ってF1バーレーンGPでマックス・フェルスタッペンが敗れた理由をあらゆる角度から説明しようと試みている。

おすすめのニュース

サイトトップへ