サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダム建設現場で大型ダンプトラックを自動運転---日野と大林組が実証実験 11月に開始

ここから本文です

日野自動車と大林組は、大型ダンプトラックによる自動運転(レベル4相当)の実証実験を川上ダム(三重県伊賀市)建設現場で11月1日から1か月半実施する。

建設業界では、現場作業員の高齢化や就労人口の減少による労働力不足、夜間や単調作業の生産性向上などの課題を抱えている。日野自動車はこれらの課題解決に向け、車両の自動化などのCASEを活用したソリューションの実現をめざしている。

一方、大林組は省人化や生産性向上といった課題を解決すべく、建機の自動化や自動建機群を一元管理するプラットフォームの構築をめざし、建設現場のロボティクスコンストラクションを推進。

おすすめのニュース

サイトトップへ