サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダのペレス、無理して自分好みのマシンにはしない?「フェルスタッペンと違う方向性にしたってしょうがない」

ここから本文です
 今季からレッドブルに加入したセルジオ・ペレスは、昨年まで所属していたレーシングポイント(現アストンマーチン)とは異なるハイレーキ(前傾角度がついた状態)のコンセプトを採用しているマシンに適応しなければならず、それが大きな課題となっている。

 2021年はプレシーズンテストの日程が3日間しかなかったことや、金曜フリー走行が90分から60分に短縮されたこともあり、チームを移ったドライバーにとっては難しいシーズンとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン