サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 開放感があって使い勝手もいい! いまや少数派のコンパクト・オープンカー5選

ここから本文です

開放感があって使い勝手もいい! いまや少数派のコンパクト・オープンカー5選

 真夏の炎天下では熱中症の危険がありますが、夏の夜や早朝にオープンカーで走るのは、とても爽快感があります。

ピニンファリーナの手によりデザインが秀逸だった「シティ カブリオレ」 オープンカーというと、マツダ「ロードスター」に代表される2シーターのスポーティモデルか、メルセデス・ベンツの「Cクラス」や「Eクラス」のカブリオレのような中・大型クーペをベースにしたモデルが一般的です。

路上で見たら二度見しちゃう!? 変わり種オープンカー5選

 一方で、かつてはコンパクトカーをベースにした、4シーターのオープンカーが多数存在した時期もあります。そこそこ荷物も詰めて、4名乗車もできる使い勝手もよいオープンカーです。

 そこで、いまは少数派となってしまったコンパクト・オープンカーを5車種ピックアップして紹介します。

●日産「マーチ カブリオレ」

安価ながら電動ソフトトップを採用した「マーチ カブリオレ」 日産の世界戦略車として1982年に「マーチ」が誕生しました。新世代のコンパクトカーとして世界的なヒット作になり、1992年には2代目が発売されます。

 この2代目マーチには3ドア、5ドア、ステーションワゴンのボディバリエーションがありましたが、1997年にオープンカーの「マーチ カブリオレ」がラインナップに加わりました。

 もともと、リッターカーのマーチですから、室内の広さはそれほど広くありませんでしたが、上手にパッケージングされて4シーターを確保してオープン化されています。

 ドアの後ろには剛性確保と万が一の転倒時に乗員を保護するロールバーがあるタイプで、169万8000円(消費税含まず)からと比較的リーズナブルな価格の割には、電動ソフトトップとなっていました。

 エンジンは79馬力の1.3リッター直列4気筒のみで、決してパワフルではありませんでしたが、920kg(5MT)と重量増を抑えたため、キビキビと走ることができます。

 3代目マーチにも「マイクラC+C」というメタルトップの4シーターのオープンカーがありましたがマーチカブリオレほどのリアの居住性は確保されませんでした。

 なお、いまもマーチカブリオレは中古車として流通していますが、価格も40万円前後が現在の相場ですので、手が届きやすいコンパクト・オープンカーとなっています。

●プジョー「205 CTI」

オシャレなフランス車として人気だった「205」のカブリオレ(画像は限定車の「205 ローランギャロス」) 1983年に発表されたプジョー「205」は、スポーティなコンパクトカーとして1986年に日本でも販売が開始されました。

 日本では「205 GTI」というホットモデルに人気が集中していましたが、1987年にはグレード展開を拡大。そのうちの1台がオープンモデルの「205 CTI」です。

 205自体がデザイン会社である「ピニンファリーナ」が携わっていましたが、オープンモデルではデザインとともに製造もピニンファリーナが担当となっていました。

 前出のマーチ カブリオレと同様にロールバーが付くタイプですが、ソフトトップを開けても閉じてもデザインがよいと評判になり、バブル景気という背景もあって、日本でのセールスは好調でした。

 なお、すでに30年ほど前のクルマなので中古車の流通量は極めて少なく、入手は困難な状況です。

●フォルクスワーゲン「ゴルフ カブリオレ」

ロールバーを廃して美しくなった第6世代の「ゴルフ カブリオレ」 世界中のメーカーがコンパクトカーのベンチマークとしているのが、フォルクスワーゲン「ゴルフ」です。

 初代は1974年に発売されて、後にオープンモデルの「ゴルフ カブリオ」(後継車は「カブリオレ」)が加わります。

 モデルチェンジを繰り返しながらゴルフ カブリオレは継続して販売されていましたが、2002年に一旦、生産を終了します。

 そして2011年に6代目ゴルフでカブリオレが復活。これまでロールバー付きでしたが、本モデルではロールバーがなくなり、より開放感が増しました。転倒時にはリアシートの後ろから自動でバーが出ることで、安全性を担保しています。

 ロールバーが無いことと、フラットに収納できるソフトトップが相まって、オープン時のスタイルは美しい姿に変貌。

 こうして復活を遂げたゴルフ カブリオレですが、現行の7代目では再び廃止となってしまいました。

 歴代のゴルフ カブリオレは流通量が多いので、中古車でもさまざまな車両から選ぶことができます。

ピニンファリーナによるデザインの国産コンパクト・オープンカーがあった●「ミニ コンバーチブル」

コンパクト・オープンカーでもっとも成功した「ミニ コンバーチブル」 2001年にBMWブランドから「ニューミニ」が発売され、プレミアムコンパクトカーとして世界中でヒットします。

 そして、2004年には電動ソフトソップの「ミニ コンバーチブル」が加わり、現行モデルの3代目ミニにもラインナップされています。

 ミニカブリオレには高性能版の「クーパーS」もあるなど、いわゆる「ゴーカートフィーリング」といわれるスポーティな走りは保たれています。

 歴代ミニ コンバーチブルは日本でも好調なセールスだったため、中古車の流通量が多く、前出のゴルフ カブリオレと同様で、いろいろな仕様から選べます。

●ホンダ「シティ カブリオレ」

ベーシックカーながらも遊び心もある「シティ カブリオレ」 かつて、ホンダのベーシックカーといえば「シビック」でしたが、1980年代になるとサイズは大きくなり、ホンダは初代シビッククラスのリッターカーを企画します。

 そして、1981年に初代「シティ」を発売。高い車高と、短いフロントノーズ、全体を台形イメージとしたデザインで、それまでのコンパクトカーとは一線を画する非常にユニークなものでした。

 賛否が分かれるシティのデザインでしたが、人が乗る空間は広く、エンジンなどが収まる空間は小さく、という設計思想により機能美ともいえるデザインは、ユーザーから絶大な支持を受けます。

 その後、ターボやハイルーフ仕様などバリエーションが増え、1984年に「シティ カブリオレ」が発売されます。

 デザインはピニンファリーナによるもので、ロールバーにはピニンファリーナのエンブレムが装着されていました。

 また、外装のカラーリングは12色用意されていて、ビビッドな色からシックな色まで選ぶことができ、女性ユーザーにも好評でした。

 価格は138万円(5MTの東京地区価格)からと安価だったこともあり、ヒットを記録。いまも中古車では人気があり、35年ほど経ったクルマながらも数十万円の価格で取引されています。

※ ※ ※

 今回、紹介したクルマはどれもソフトトップです。メタルトップのオープンカーは耐候性で有利ですが、4シーターの場合はリアシートのスペースが犠牲になってしまいます。

 コンパクトカーがベースのオープンカーなら、ソフトトップのほうがよいでしょう。

 数年前から新車で手に入るコンパクト・オープンカーは、世界的に見ても急激に数を減らしていて、手に入れるなら中古車から選ぶのが得策です。

 オープンカーの開放感は一度経験すると病みつきになりますので、使い勝手も捨てがたいなら、コンパクト・オープンカーを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します