サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスベンツ『SL』にファブリックルーフ復活へ…AMGが開発、2+2シーター化も

ここから本文です
メルセデスベンツの高級2ドアオープンカー『SL』の次世代型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。電動ハードトップに代わり、従来の伝統のファブリックルーフが復活すると見られる。

初代SL(W198)は1954年に登場、1963年には『300SL』『190SL』に続く第2世代が発売された。1971年に発表された第3世代では、脱着可能なハードトップ/ソフトトップを持つモデルや、4シーターの派生モデル『SLC』なども設定されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ