サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ日本法人社長「プレミアムセグメントでEVが大きく伸びていくことは間違いない」

ここから本文です
ボルボ・カーが2030年までに電気自動車(EV)に全面移行する方針を打ち出したのを受けて日本法人のマーティン・パーソン社長は3月3日、都内で報道各社とのインタビューに応じ、「プレミアムセグメントでEVが大きく伸びていくことは間違いない」との見通しを示した。

ボルボ本社が3月2日に表明したEV全面移行の方針に沿って、日本法人のボルボ・カー・ジャパンも2030年に新車のすべてをEVにすると、翌日の3日に発表した。その第1弾として日本市場では初となるピュアEVモデルの『C40』を2021年秋に導入することも明らかにした。さらに2022年以降も年間1モデル以上のEVを投入する計画。

おすすめのニュース

サイトトップへ