現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車の慣らし走行は必要か? GR86のフィーリングに迫る【TOYOTA GR86 長期レポート6_AE86~GR86への道】

ここから本文です

新車の慣らし走行は必要か? GR86のフィーリングに迫る【TOYOTA GR86 長期レポート6_AE86~GR86への道】

掲載 2
新車の慣らし走行は必要か? GR86のフィーリングに迫る【TOYOTA GR86 長期レポート6_AE86~GR86への道】

高い質感と繊細なフィーリングを持つGR86/BRZ

GR86は「思った予想と相違なく動く」。だからこそ「予測がしやすく、この先どうなるかが想像しやすい」「予想を裏切る動きをしない」。だから「乗りやすいと感じる」。これがGR86の一連の方程式だ。
GR86はBRZに比べて、そのあたりのフィーリングに強くこだわったと開発ドライバーの佐々木雅弘選手。続けて「過渡特性を均一に、おだやかに」と彼は言う。

ボディ剛性なんて信じない派なのに! トヨタ GR86は、驚くべき進化を遂げていた! シェイクダウン前編【TOYOTA GR86 長期レポート4_AE86~GR86への道】

クルマに荷重がかかっていくときに、あるところから突然フィーリングが変わるとそれは「怖い」となる。そう、お化け屋敷のようなものだ。いきなりお化けが飛び出てきたり、驚かされるから怖いわけで、このへんでこんな感じで出てくる、と予想できていたら大して怖くないわけである。まぁ、それは個人差もあるだろうし、ボク自身は、どんな状況であってもお化け屋敷には入りませんが……。

あわせて読みたい お! 値段以上! トヨタ♪ GR86「コクッ」と「ゴクッ」の違い

2021年12月に納車になり、早速乗り回したGR86。そのフィーリングはビックリするほどしっ…

話が逸れた……。
たしかに雪道で滑るぞ滑るぞ! と意識していればズルズルと滑ってもどうにかなる。しかし、突然晴れた日の交差点でスパーンとリヤタイヤが滑ったら、口から心臓が飛び出るほどビックリするだろう。
それと同じでGR86はどんなことが起きるのか、起きるときにはだんだんと感じられるように味つけされている。その結果が脚周りのナックル部のスチール化だという。BRZはばね下重量の軽量化を狙って今回からアルミ製に素材置換を行なった。しかし、GR86は鉄製のまま。

「鉄は荷重に対してじわじわと同じように変形していく。そのほうが変化が伝わりやすい。アルミはある程度から変位量が大きくなる特性があるので、僕は鉄のほうが感じやすいのではないかと思います。その代わりにアルミは軽さというメリットがあります。その軽さを選ぶのも、またひとつの味つけだと思います」と佐々木選手は言う。GR86は軽さよりも、鉄らしい変化の仕方を選んだのだ。

エンジンは徐々にフィーリングが軽くなるというより、350kmからスパッと軽くなってきた。とはいえ、日常領域ではGR86もBRZもどちらも極めて乗りやすく、高い質感と繊細なフィーリングを持っている。限界領域での動きに関してはサーキット走行後にお伝えしたく思う。

エンジンはそのフィーリングを味わっていくなかで、新車から350kmほど走行した頃に変化が現れた。これまでも数台新車に乗ってきたが、明らかにある時瞬間からフィーリングが変化して軽くなるポイントがある。
今回は350kmあたりでその点があったように思う。それまでよりも一段とエンジンが軽くなったように感じる。もしかしたら、物理的なものではなくエンジンコントロールのコンピュータの設定が変わったのかもしれないが、より楽しく感じられるようになった。

慣らし運転は必要か?

ちなみに最近の新車では走行距離によってエンジンのコンピュータマップが切り替わることがあるという。真偽の程はブラックボックスの中のことだけに不明で、自動車メーカーからも公式のアナウンスはない。だが、ある車種では1000kmまでは慣らし期間としてパワーが多少絞られていて、本来の出力は1000kmを超えると開放されるのだという。GR86にもそういった制御が入っているのか、物理的に金属表面が馴染んだのかはわからないが、一皮むけた感触に乗っていて思わず笑みがこぼれた。

脚周りにもわずかに変化が起きたように思う。サスペンションのスプリングはやはりある程度使用すると馴染みが発生する。また、スプリングだけでなく、その上にはゴム製のシートが入っており、これが潰れることで車高も数mm下がる。そして、タイヤも馴染みをみせる。

見た目にはわからないが車高も数ミリは下がってくるのだという。新車時の空気圧は2.5kg/cm2ほど入っていたので、そのときに規定値の2.4kg/cm2に調圧した。それから約1000kmまではそのまま走行している。スプリング、ダンパー、ゴムシート、タイヤなどのそれぞれが馴染むことでより一体感あるフィーリングになってきた。

全体に少しだけ張りがあるようなフィーリングはあったが、馴染むことでその部分が穏やかになり、よりラクに走れるようになってきた。慣らし走行というと、走り方がどうのこうといろいろな派閥があるが、そういったことよりもこうして各部が馴染む間はフィーリングが変わる。だから、その間はクルマに慣れる意味でも少しゆったりと走ってください。ドライバーとクルマの馴染みもされてきた頃に、工業製品としての馴染みもつき、全体におだやかでしっとりとしたフィーリングになるますよ、というのが慣らし走行の真意ではないだろうか。

そう思えるほどに新車時のクルマは少しずつ表情が変化していく。それを楽しめるのもまた新車を買った楽しみのひとつだと言える。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【MotoGP】KTMへの圧力? アコスタ、夏休みにファクトリー訪問し内情確認へ「必要なだけオーストリアに行くつもり」
【MotoGP】KTMへの圧力? アコスタ、夏休みにファクトリー訪問し内情確認へ「必要なだけオーストリアに行くつもり」
motorsport.com 日本版
ホンダ「“2列6人乗り”ミニバン」に大反響! “全長4.3m”小柄ボディに「前席3人シート」って実際どうなの? 斬新な「エディックス」に熱視線!
ホンダ「“2列6人乗り”ミニバン」に大反響! “全長4.3m”小柄ボディに「前席3人シート」って実際どうなの? 斬新な「エディックス」に熱視線!
くるまのニュース
ZF、商用車向け先進運転支援システム発表…自動で車線変更が可能に
ZF、商用車向け先進運転支援システム発表…自動で車線変更が可能に
レスポンス
BYDシールが控えめにいってお買い得すぎ! 走りのネガを数カ月で改善してくるスピード感も衝撃でしかない
BYDシールが控えめにいってお買い得すぎ! 走りのネガを数カ月で改善してくるスピード感も衝撃でしかない
WEB CARTOP
中古車の目利きが買うCクラス メルセデスCクラスのオープントップ そのエレガンスは失われない? 中古車を徹底テスト!
中古車の目利きが買うCクラス メルセデスCクラスのオープントップ そのエレガンスは失われない? 中古車を徹底テスト!
AutoBild Japan
「カローラ」より小さい! トヨタの「小型クーペ”セダン”」実車公開!斬新“大口顔”が超カッコイイ「ヤリス“エイティブ”」泰に登場
「カローラ」より小さい! トヨタの「小型クーペ”セダン”」実車公開!斬新“大口顔”が超カッコイイ「ヤリス“エイティブ”」泰に登場
くるまのニュース
朝倉か、平本か? 「超RIZINタクシー」が走り出す…「超RIZIN.3」開催記念
朝倉か、平本か? 「超RIZINタクシー」が走り出す…「超RIZIN.3」開催記念
レスポンス
【アオシマは模型界の異端児!?】王道の名車、デコトラ、美少女フィギュアまで…フリーダムな物作りの秘密とは?
【アオシマは模型界の異端児!?】王道の名車、デコトラ、美少女フィギュアまで…フリーダムな物作りの秘密とは?
モーサイ
「フェルスタッペンは来季のメルセデス移籍を真剣に考えるべき」元レッドブルの同郷ドーンボスが指摘……背景に勢力図の変化
「フェルスタッペンは来季のメルセデス移籍を真剣に考えるべき」元レッドブルの同郷ドーンボスが指摘……背景に勢力図の変化
motorsport.com 日本版
京奈和道の「ほぼ完成形」ついに出現! 大阪方面へ「信号ゼロ」大和高田バイパスとの“直結ランプ”工事大詰め 国道24号の“地獄渋滞”緩和に期待
京奈和道の「ほぼ完成形」ついに出現! 大阪方面へ「信号ゼロ」大和高田バイパスとの“直結ランプ”工事大詰め 国道24号の“地獄渋滞”緩和に期待
くるまのニュース
訳あり「ダンプ」仕様のサンバーを「キャブオーバ」へ構造変更 トランポもリフレッシュしよう!! Vol.4
訳あり「ダンプ」仕様のサンバーを「キャブオーバ」へ構造変更 トランポもリフレッシュしよう!! Vol.4
バイクのニュース
[15秒でニュース]VW車にChatGPT搭載…AI搭載で多様なオプションを提供
[15秒でニュース]VW車にChatGPT搭載…AI搭載で多様なオプションを提供
レスポンス
BMWアルピナ B4 グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
BMWアルピナ B4 グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【魅惑のスーパースポーツ】クラシック・フェラーリの運転術講習。フィオラノで学んだテクニック教えます!
【魅惑のスーパースポーツ】クラシック・フェラーリの運転術講習。フィオラノで学んだテクニック教えます!
カー・アンド・ドライバー
時速60kmまでソフトトップの開閉操作に対応!メルセデス・ベンツが4人乗りオープンスポーツ「CLEカブリオレ」を発売
時速60kmまでソフトトップの開閉操作に対応!メルセデス・ベンツが4人乗りオープンスポーツ「CLEカブリオレ」を発売
@DIME
スズキ新型「クルーズ」発表に反響多数! MT設定&精悍エアロ仕様に熱望の声! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”「エルティガH」尼で登場
スズキ新型「クルーズ」発表に反響多数! MT設定&精悍エアロ仕様に熱望の声! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”「エルティガH」尼で登場
くるまのニュース
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ツートンカラーで個性が光るトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
ツートンカラーで個性が光るトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

2件
  • 人間側の慣らしをしろ。
  • 最初から全開全開で鳴らしをする必要はない。
    その結果どうなったなの記事が読みたい。
    どうせ他人のクルマだからどうでもいい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村