サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友ゴム工業:静電気を利用したタイヤ内部発電技術を関西大学と共同開発

ここから本文です
住友ゴム工業は関西大学・谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスト)を取り付け、回転によって電力を発生させる技術を開発した。

 本技術は静電気の一種である摩擦帯電現象を応用したもので、タイヤの回転に伴う接地面での変形により、発電デバイスが効率良く電力を発生する。将来的に、この技術は各種デジタルツールの電源としての活用が期待されている。