サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 気軽に乗れるハイブリッド──新型トヨタ・ライズ試乗記

ここから本文です

気軽に乗れるハイブリッド──新型トヨタ・ライズ試乗記

トヨタのコンパクトSUV「ライズ」にくわわった、シリーズ式ハイブリッドモデルに小川フミオが試乗した。

現実的な選択

あまりに良くでき過ぎていているとツマラナイ?

街中でがんがん使うには、コンパクトで、ちょっと洒落たデザインのクルマがいい。そう思っているひとには、トヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」という"姉妹"車がよさそう。11月1日に、電気モーター駆動の「e-SMARTハイブリッド」が登場、キビキビした走りを楽しませてくれる。

私は、1.0リッターエンジンを搭載して登場したときから、好印象を抱いていた。すなおなハンドリングとあたりのやわらかな乗り心地、オリジナリティの高いスタイリングと、後席も広いパッケージング。それらが、全長3995mmと比較的コンパクトな車体にぎゅっと詰まっている。中身が濃い印象なのだ。

今回は、従来からの1リッターにくわえ、1.2リッター3気筒エンジンのモデルが追加された。ひとつはターボ、そしてもうひとつは、ここで紹介する1.2リッターハイブリッド(乗ったのはトヨタ・ライズZ)である。ハイブリッドでは、エンジンをバッテリー充電用にのみ使い、前輪をモーターで駆動する。

ハイブリッド形式がいろいろあるなかで、ライズとロッキーのシステムは、シリーズ式ハイブリッドとよばれる。同様の機構を採用した日産「ノート」が、マーケットでの競合になるはず。

ライズは期待どおり、スムーズな発進と、ガソリン車よりすっと気持ちよく伸びる中間加速を味わわせてくれる。モーターの出力は78kWで、最大トルクは170Nm。レスポンスにすぐれる高効率のリチウムイオン電池を“おごっている”だけのことはある。

これまで、比較的廉価なハイブリッド車には、ニッケル水素のバッテリーが多かった。あえてリチウムイオンを採用した理由について、開発を担当したダイハツの技術者は「軽量で高効率だからです」と述べた。

私は、シリーズ式ハイブリッドは、いまの時点では現実的な選択であると思う。ストロングハイブリッド(プリウスとか)のようにバッテリーがたくさん必要になるのを回避でき、コストが抑えられるからだ。かつ市街地ではとくにダッシュ力があって、使い勝手がいい。

気になるエンジン音

市街地での使い勝手でいえば、アクセルペダルの踏みこみかたで強力に減速する“ワンペダル操作”ができる。2段階の切り替え式で、強めに設定すると、かなり強い制動がかかる。けっこう楽チンなので、病みつきになるひともいそう。いっぽう、自分の意思で制動をコントロールしたいひとは、オフにすればよい。

適度な座面髙を持つ運転席は、クロスカントリー型4WD車とハッチバック車の中間ぐらいの高さで、乗降性はよい。シートの座り心地もいいし、街中での使い勝手はかなりよい。

もうひとつ、私が感心したのは、乗り心地だ。制限速度内ではすべての速度域で、路面の凹凸をきれいに吸収してくれるので、快適である。直進安定性もよい。ステアリングホイールはちょっと重め。小さなカーブが連続するような道だと、ちょっと力がいる。

エンジン回転をあげたときは、すこしびっくりする。思っていたより、エンジン音が大きいからだ。遮音もしっかりやった、と担当者は胸を張っていたので、野太いというかんじの音が車内に響くのは意図されたものなのかもしれない。

慣れるとあまり気にならなくなるが、都会的なクルマの印象との落差があるのは事実である。

リーズナブルな価格設定

ライズ/ロッキーのばあい、4WDの設定は従来からの1リッターターボ車のみ。ただし「4WDはないのか? というお客さまの声があるのは承知しています」(ダイハツの開発者)とのことなので、そのうち設定されるかもしれない。

趣味性の話でいうと、ライズのZグレードは悪くない。とくにシート地。滑りにくい機能性とともに、日本の伝統柄である亀甲をモチーフにしたようなデザインがいいかんじだ。

できれば、ひとつの世界観で室内を統一的にまとめあげてくれていると、ユーザーがさらに拡大するんじゃないかと私は思う。参考になるのは、フォルクスワーゲン「T-CROSS」とか、シトロエン「C3」だろうか。

ハイブリッドで216万3000円からという、買いやすい価格設定には驚かれる。日産ノートは202万9500円からで、車高を25mmあげてSUV的に仕上げたオーテック・クロスオーバーは250万4700円に達する。

私個人的にはノート・シリーズの前輪駆動車がもつ軽快感が好みなので、ライズ/ロッキーとは、まさに好敵手という関係であると思っている。

世は高級車志向などとも言われているものの、このクラスのクルマの出来がよいのは、クルマというモビリティの可能性をメーカーが真剣に考えている証拠ともいえ、うれしいではないか。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します