サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキ Z H2 など、油圧低下でエンジン停止のおそれ リコール

ここから本文です

川崎重工は、カワサキ『Z H2』など5車種について、エンジンの油圧を調整するリリーフバルブに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。

対象となるのは、Z H2のほか、『Z H2 SE』、『Ninja H2カーボン』、『Ninja ZX-10R』、『Ninja ZX-10RR』の計5車種で、2020年5月8日~2021年3月25日に製造された726台。

対象車両はエンジンの油圧を調整するリリーフバルブの組立作業が不適切なため、リリーフバルブの構成部品が脱落し、エンジンの油圧が低下する場合がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ