サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 国歌斉唱時にメッセージ入りTシャツを脱がなかった4名に戒告処分。しかしベッテルは「次も同じことをする」と宣言

ここから本文です

 F1ハンガリーGPのスチュワードは、決勝レース前の手順に違反したとして、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)、ランス・ストロール(アストンマーチン)の4名を戒告処分とした。

 4人が処分を受けたのは、レース前に行なわれる国歌斉唱の際にメッセージの入ったTシャツを脱がなかったため。これはレースディレクターのマイケル・マシが定めたガイドラインに反していた。

■アストンマーチン、ベッテルのF1ハンガリーGP失格裁定を不服として提訴へ。残っている“はず”の燃料を採取できるかがポイントに?

 ベッテルはグリッド上で、“Same Love(等しい愛)”と書かれたレインボー柄のTシャツを着用していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ