現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 誰もマネできない孤高の軽トラ! 「ミゼットII」が一周回っていまアリな気がする

ここから本文です

誰もマネできない孤高の軽トラ! 「ミゼットII」が一周回っていまアリな気がする

掲載 更新 9
誰もマネできない孤高の軽トラ! 「ミゼットII」が一周回っていまアリな気がする

 この記事をまとめると

■ダイハツから販売されていたミゼットIIを紹介

クルマに興味のない子どもさえ心を奪われるルックスのクルマ3選

■1人乗りモデルや2人乗りモデルのほか、カーゴモデルなどもあった

■ミゼットIIIやIVもコンセプトモデルとして発表されていた

 1人乗りの超小型軽トラ「ミゼットII」は今こそ注目すべき1台

 日本独自の規格である軽自動車。限られた排気量と限られたボディサイズの中で各社特色を出すためにさまざまな試みがなされてきているが、そんな軽自動車のなかでもかなり異色な存在といえるのが1996年にダイハツがリリースしたミゼットIIではないだろうか?

 ミゼットIIとはその名のとおりミゼットの2代目であり、ミゼットとは1957年に登場した軽のオート三輪トラックのこと。1950年代~60年代などを再現した作品では頻繁に登場するため、記憶している人も多いことだろう。

 さすがに90年代に登場したミゼットIIは三輪ではなく四輪となっていたが、どことなくユーモラスな丸型ヘッドライトを持った顔つきは明らかにミゼットの後継車種であることをアピールしていた。

 そして何より特徴的なのがボディサイズ。なんと当時の軽自動車の規格よりも一回り小さなサイズとなっており、荷台も同社の軽トラックであるハイゼットトラックよりも小ぶりなものとなっていて最大積載量も150kgと一般的な軽トラックよりも少なくなっていた。

 これはそもそもミゼットと同じく近距離の小口配送をメインに考えていたためで、当初は乗車定員1名のMT車しかラインアップしていなかったという割り切りぶりだったのだ。

 ただ、さすがに1人乗りのMT車だけではユーザー層が狭まりすぎると考えたのか、1997年1月にはAT車を追加。MT車はフロアシフトだったため1名乗車だったが、AT車はコラムシフトとすることで助手席を追加して2名乗車となっていた(ただし助手席は補助席レベルのミニマムなもの)。

 カーゴモデルが販売されたほかIIIやIVも計画されていた

 また同じタイミングでリヤを荷台ではなく箱型の荷室とした「カーゴ」も登場。これはリヤゲートのほか、左側のサイドウィンドウも跳ね上げ開閉式となっていた。

 1999年9月には新たな国内衝突安全基準をクリアするためにマイナーチェンジを実施し、フロントバンパーの大型化や、フロントに備わっていたスペアタイヤを後部に移設するなどの対策を行った。また運転席エアバッグのオプション設定や、キャブレター式だったエンジンを電子制御インジェクションに置き換えるといった排出ガス基準に適合する変更も同時になされ、かなり大掛かりな変更となっている。

 ちなみにミゼットIIのコンセプトカーが展示された1995年の東京モーターショーには、ミゼットIIをベースとし、乗用車化して当時流行だったレトロ調なエクステリアとした「ミゼットIII」も同時に展示された。

 これはフロント1名、リヤ2名の3人乗りで、運転席側フロントと助手席側後部に1枚ずつドアを設けた変則的な2ドアとなっており、リアシートはたたんで荷室にすることもできるとアナウンスされていた。

 さらに1997年の東京モーターショーでは、ミゼットIIIの発展版として「ミゼットIV」が登場。こちらはミゼットIIにかなり近いルックスで、ミゼットIIIと同じ3人乗りレイアウトながら、助手席側を2ドアとするなどかなり現実的な仕上がりとなっていたが、結局ミゼットIII共々市販されるまでには至らなかった。

 さすがに当時としてもかなり尖ったモデルであり、他メーカーが類似の後発モデルをリリースしないのも当然と思っていたが、現在のマイクロシティコミューターを見ていると、ミゼットIIのコンセプトもあながちナシではないなと思う次第。もしかしたら時代を超えて電気で走る「ミゼットV」が登場する日が来るのかもしれない?

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【ポイントランキング】2024年F1第13戦ハンガリーGP終了時点
【ポイントランキング】2024年F1第13戦ハンガリーGP終了時点
AUTOSPORT web
ピアストリがF1初優勝。残り3周で順位を入れ替えた露骨なチームオーダーの怪【決勝レポート/第13戦】
ピアストリがF1初優勝。残り3周で順位を入れ替えた露骨なチームオーダーの怪【決勝レポート/第13戦】
AUTOSPORT web
実は登場に大きな意味を持ってた!? 世界一の燃費性能を誇った[アクア]!! 誕生に込められた想いとは
実は登場に大きな意味を持ってた!? 世界一の燃費性能を誇った[アクア]!! 誕生に込められた想いとは
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「おそうじロボット」第106回
くるまりこちゃん OnLine 「おそうじロボット」第106回
ベストカーWeb
ダンロップ あらゆる路面にシンクロする次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発売
ダンロップ あらゆる路面にシンクロする次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発売
グーネット
夏のキャンプに涼しい一工夫!大型ウイングタープ&ジムニー用多機能シェード新登場
夏のキャンプに涼しい一工夫!大型ウイングタープ&ジムニー用多機能シェード新登場
グーネット
斎藤愛未が2連勝。2位以下はペナルティの波乱で富下李央菜、平川真子が今季初の表彰台【KYOJO CUP第3戦】
斎藤愛未が2連勝。2位以下はペナルティの波乱で富下李央菜、平川真子が今季初の表彰台【KYOJO CUP第3戦】
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024年WRC第8戦ラリー・ラトビア後
【ポイントランキング】2024年WRC第8戦ラリー・ラトビア後
AUTOSPORT web
魅力いっぱい、夏の車中泊!経験者が語る、マストの暑さ対策とは? NEXERとグーネット調査
魅力いっぱい、夏の車中泊!経験者が語る、マストの暑さ対策とは? NEXERとグーネット調査
グーネット
未来のS2000? 最新の自動運転車? 窓もなければドアもない! ホンダが公開したこの「車両」はいったい何?
未来のS2000? 最新の自動運転車? 窓もなければドアもない! ホンダが公開したこの「車両」はいったい何?
ベストカーWeb
Team HRC高橋巧、最多勝利更新とホンダ30勝に安堵「ここをスタートにさらに記録を刻みたい」/鈴鹿8耐 決勝トップ3会見
Team HRC高橋巧、最多勝利更新とホンダ30勝に安堵「ここをスタートにさらに記録を刻みたい」/鈴鹿8耐 決勝トップ3会見
AUTOSPORT web
日本を代表する伝統的スポーツカー、日産 フェアレディZの歩み【名車の生い立ち】
日本を代表する伝統的スポーツカー、日産 フェアレディZの歩み【名車の生い立ち】
グーネット
「ルーキーらしさをぶちかましちゃった」「次は手が震えないように」「そういう顔になるよな」【SF Mix Voices 第4戦決勝】
「ルーキーらしさをぶちかましちゃった」「次は手が震えないように」「そういう顔になるよな」【SF Mix Voices 第4戦決勝】
AUTOSPORT web
三菱がクルマのギモンに答えます!「2024年 小学生自動車相談室」開設
三菱がクルマのギモンに答えます!「2024年 小学生自動車相談室」開設
グーネット
背中から全身へ、クールな風で暑さ対策!ヘッドレスト設置タイプのUSB扇風機 キャムショップ
背中から全身へ、クールな風で暑さ対策!ヘッドレスト設置タイプのUSB扇風機 キャムショップ
グーネット
Team HRCが最多220周を走破し3連覇達成。ホンダ30勝目&高橋巧の最多勝更新となるメモリアルウインに/鈴鹿8耐
Team HRCが最多220周を走破し3連覇達成。ホンダ30勝目&高橋巧の最多勝更新となるメモリアルウインに/鈴鹿8耐
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士終了時点
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士終了時点
AUTOSPORT web
ロバンペラが初開催WRCラトビアを完全制圧。“新星”セスクは突如失速で表彰台守り切れず/最終日
ロバンペラが初開催WRCラトビアを完全制圧。“新星”セスクは突如失速で表彰台守り切れず/最終日
AUTOSPORT web

みんなのコメント

9件
  • 勤務先そばの花屋はいまだにこれ使ってる。うちの近所ではじいちゃんがスズキツイン乗ってる。

    安全性は完全に旧時代の代物だけど、今見るとあのサイズ感は確かにありだと思う。
  • 最近「超小型モビリティ」のカテゴリーで、トヨタの「C Pod」が発売
    されましたが、このミゼットⅡも荷台長を短縮すれば、このカテゴリーで
    初の商用車が出来そうな感じもしますが…
    もっとも荷台を短縮するとなると、ヒラでビールケース3個分のスペース
    しか取れなさそう…
    それでもコンビニ等での宅配に使われているトヨタ車体(旧アラコ)の
    「コムス」や、おなじみホンダの「ジャイロキャノピー」よりは搭載量は
    ありそう…
    ダイハツはかつて「DBC-1」という100㎏積の超小型EVトラックを大阪万博で
    走らせた実績もありますので、ソレによく似たクルマが出来そうですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9145.0万円

中古車を検索
ミゼットIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9145.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村