現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルの「最“高”SUV」!? 水平対向エンジン&制御でめちゃ“スポーティ”!タフデザインもカッコイイ「フォレスター」実際どう?

ここから本文です

スバルの「最“高”SUV」!? 水平対向エンジン&制御でめちゃ“スポーティ”!タフデザインもカッコイイ「フォレスター」実際どう?

掲載 7
スバルの「最“高”SUV」!? 水平対向エンジン&制御でめちゃ“スポーティ”!タフデザインもカッコイイ「フォレスター」実際どう?

■スバル新型「フォレスター」の実力は?

 現在、さまざまな人気のSUVをラインナップするスバル。なかでも「フォレスター」は、国内のラインナップにおいて最も全高の高い“本格的なSUV”です。
 
 日本で販売されるのは、2018年6月に発表された5代目。2021年にデザイン変更を伴うマイナーチェンジを受け、その後も細部にわたる改良を重ねながら今も進化を続けているモデルです。そんなフォレスターを南国の島“八丈島”で、レジャーに使う機会を得たので、実際の使い勝手や走行性能をレポートします。

【画像】超カッコイイ! スバル「フォレスター」を 画像で見る(30枚以上)

 フォレスターは、1997年に「RVが、スポーツの走りを手に入れた」というキャッチフレーズで登場したSUVです。

 2代目までは“ステーションワゴン”のような全高の低いボディ形状でしたが、2007年に登場した3代目から全高がしっかり高く室内空間も拡大された“本格的なSUV”となっています。

 日本で販売される現行モデルは、2018年に登場した5代目。2021年にマイナーチェンジを受け今の形となりました。

 5代目のマイナーチェンジモデルでは、SUBARUのデザインコンセプト「DYNAMIC×SOLID」をより進化させる「BOLDER」思想を取り入れたフロントフェイスや新デザインのアルミホイールを採用したほか、走行性能面では全グレードで足回りを改良し、しなやかさとスポーティさを高い次元で両立したといいます。

 さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」をe-BOXER搭載車全グレードに拡大展開します。

 安全性能では、「新世代アイサイト」を搭載。ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良により、幅広いシーンで安全運転がサポートされます。また2023年8月には後退時ブレーキアシストの設定を変更するなどの改良を実施し、さらに安全性を高めています。

 そんなフォレスターには、「ツーリング」「X-BREAK」「アドバンス」「スポーツ」「STIスポーツ」「Xエディション」「XTエディション」「STIスポーツブラックインテリアセレクション」という8つのグレードが設定されています。

 今回、この中でも最高出力145馬力・最大トルク188Nm を発揮する2リッター水平対向4気筒エンジンに最高出力13.6馬力・最大トルク65Nmを発揮するモーターを組み合わせた“e-BOXER”を搭載する「X-BREAK」に試乗することができました。

 X-BREAKは、現在存在する8つのグレードのなかでもっとも、“ギア感”を強調したモデルで、内外装の各所にオレンジのアクセントが加えられるほか、撥水処理が施されたシートやカーゴフロアボードが備わるなどした、アウトドアアクティビティ向けのモデルともいえます。

 迫力あるデザインにオレンジのアクセントがよくマッチしていて、素直に“カッコイイ”と思える仕上がりになっています。

 インテリアでも、あしらわれたオレンジのアクセントにより引き締まった印象となっており、所有欲を満たしてくれます。

 早速走り出してみると、力強い走り出しでサイズ感を感じさせない軽快なドライブが楽しめるほか、コーナリングでも全高を感じさせない“スポーティ”な走り味になっていることがわかります。

 これは、重心が低い水平対向エンジンだけでなく、「ツーリング」「X-BREAK」「アドバンス」「Xエディション」には標準装備されているe-アクティブシフトコントロールがうまく機能していると思えます。

 e-アクティブシフトコントロールは、カーブに差し掛かった時の運転操作からスポーティな走りをしていると判断すると、エンジン回転数やモーターアシストの作動を制御するもの。これによりダイレクト感のあるコーナリングを愉しめるのです。

 八丈島では、釣りやサイクリングなどさまざまなアクティビティを楽しめますが、そんなときにもフォレスターは大活躍します。

 フォレスターのトランク容量は509リットル(「スポーツ」「STIスポーツ」「XTエディション」「STIスポーツブラックインテリアセレクション」では520リットル)と広大。更に後席を倒して2名乗車とすれば1071リットル(「スポーツ」「STIスポーツ」「XTエディション」「STIスポーツブラックインテリアセレクション」では1082リットル)となるほか、カーゴアッパーフック&リアゲートフックがついていたり、パワーリアゲートが搭載され、様々なアクティビティを楽しむために多くの荷物を積載したり、積み降ろしたりするのが容易な設計となっています。

 スバルは、同社のクルマを通じて、「“いつか行ってみたい”、“新しいことに挑戦してみたい”という思いを後押ししたいと考えている」といいますが、フォレスターはまさにそんな仕上がりの一台でした。

※ ※ ※

 現在日本で販売されるフォレスターは“5代目”ですが、2023年11月16日にも米国で“6代目”となる新型フォレスターが世界初公開されています。過去の販売店への取材では2025年の国内導入ともいわれる同モデルですが、5代目の完成度も高いレベルであるだけに、6代目の登場に大きな期待がかかります。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
くるまのニュース
330万円! スバル新型「SUV」公開! “黒”増した「アーバンS」! スポーティな“水平対向エンジン”搭載の「フォレスター」に販売店でも反響アリ
330万円! スバル新型「SUV」公開! “黒”増した「アーバンS」! スポーティな“水平対向エンジン”搭載の「フォレスター」に販売店でも反響アリ
くるまのニュース
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
くるまのニュース
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
くるまのニュース
アンダー210万円! ホンダ「新型エントリーSUV」登場!「ちょうどイイサイズ」にめちゃ広い室内がスゴい!? 新型「WR-V」どんなモデル?
アンダー210万円! ホンダ「新型エントリーSUV」登場!「ちょうどイイサイズ」にめちゃ広い室内がスゴい!? 新型「WR-V」どんなモデル?
くるまのニュース
6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
くるまのニュース
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
くるまのニュース
ホンダ「小さな高級車」がスゴい! 全長4m級“ちょうどいいサイズ”に「クラス超えた豪華内装」採用! めちゃ上質な「フィット」はどんなモデル?
ホンダ「小さな高級車」がスゴい! 全長4m級“ちょうどいいサイズ”に「クラス超えた豪華内装」採用! めちゃ上質な「フィット」はどんなモデル?
くるまのニュース
日産「新型コンパクトミニバン」初公開! 「“斬新”メーター」新搭載&「車中泊」仕様も設定! 商用バン仕様もある新型「NV200バネット」約223万円から発売
日産「新型コンパクトミニバン」初公開! 「“斬新”メーター」新搭載&「車中泊」仕様も設定! 商用バン仕様もある新型「NV200バネット」約223万円から発売
くるまのニュース
スバル新型「爆速スポーツセダン」発表に反響多数! 「欲しい」「MTあるの!?」の声! 特製STIチューン&水平対向エンジン搭載の「WRX tS」米国で登場
スバル新型「爆速スポーツセダン」発表に反響多数! 「欲しい」「MTあるの!?」の声! 特製STIチューン&水平対向エンジン搭載の「WRX tS」米国で登場
くるまのニュース
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
くるまのニュース
日産「新型スポーツコンパクト」初公開! 俊敏さは“ポルシェ”級!? 新型「ノートオーラ“NISMO”」の進化点とは
日産「新型スポーツコンパクト」初公開! 俊敏さは“ポルシェ”級!? 新型「ノートオーラ“NISMO”」の進化点とは
くるまのニュース
日産の新型「コンパクトミニバン」に大反響! “220万円台”から&「斬新メーター」採用! “車中泊仕様"や“商用バン仕様”もスゴイ「NV200バネット」発表
日産の新型「コンパクトミニバン」に大反響! “220万円台”から&「斬新メーター」採用! “車中泊仕様"や“商用バン仕様”もスゴイ「NV200バネット」発表
くるまのニュース
ホンダが新型「スゴいSUV」初公開! 4連六角形グリル×コの字ライト採用!? 新たな「パスポート」25年米国で発売
ホンダが新型「スゴいSUV」初公開! 4連六角形グリル×コの字ライト採用!? 新たな「パスポート」25年米国で発売
くるまのニュース
ニッサン新型「ノートオーラ“NISMO”」初公開! 俊足「スポーツハッチ」に“4WD”新設定! マイチェンでどこが「変わった」?
ニッサン新型「ノートオーラ“NISMO”」初公開! 俊足「スポーツハッチ」に“4WD”新設定! マイチェンでどこが「変わった」?
くるまのニュース
全長約3.7m! スズキの「小さなSUV」何が魅力? 軽より“ちょいデカ”「クロスビー」どんなモデル?
全長約3.7m! スズキの「小さなSUV」何が魅力? 軽より“ちょいデカ”「クロスビー」どんなモデル?
くるまのニュース
トヨタ・スバルが新型「スポーツカー」初公開! 見た目変わらず“中身”がめちゃ進化!? 新型「GR86/BRZ」がスゴい!
トヨタ・スバルが新型「スポーツカー」初公開! 見た目変わらず“中身”がめちゃ進化!? 新型「GR86/BRZ」がスゴい!
くるまのニュース
日産の「斬新コンパクトミニバン」が凄い! トヨタ・ホンダに対抗!? 「ベッド仕様」に注目! 「小さな3列車」どんな人が買う?
日産の「斬新コンパクトミニバン」が凄い! トヨタ・ホンダに対抗!? 「ベッド仕様」に注目! 「小さな3列車」どんな人が買う?
くるまのニュース

みんなのコメント

7件
  • kee********
    中途半端なハイブリッドシステムにより、車自体も中途半端なモノに仕上がった感じ。昔のフォレスターのほうが断然良かった。
  • car********
    FA20DITのほうがスポーティーだよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3467.5万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3467.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村