サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高齢ドライバーの運転を支援、リアルタイム技能診断 オムロンと近畿大がシステムを開発

ここから本文です
オムロンの子会社のオムロンソーシアルソリューションズ(OSS)と近畿大学は、ドライバー安全運転管理サービス「ドライブカルテ」を活用した高齢ドライバーの運転技能向上を促すリアルタイム運転技能診断システムを開発した。オムロンと近畿大学が2月13日に発表した。

今回開発したリアルタイム運転技能診断システムは、OSSと近畿大学理工学部の多田准教授が共同開発した。車両に取り付けた「ドライブカルテ」のカメラやセンサーから出力されるドライバーの画像や、位置情報、加速度などの情報を組合せて、自動で運転技能を評価し、運転中のドライバーに対してリアルタイムに音声で危険運転を通知する。

おすすめのニュース

サイトトップへ