サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代ダイハツ「ミラ」発売から39年 最新の「ミライース」は軽自動車の原点に立ち返った!?

ここから本文です

初代ダイハツ「ミラ」発売から39年 最新の「ミライース」は軽自動車の原点に立ち返った!?

■軽ボンネットバンブームを牽引する「アルト」の対抗馬として登場した「ミラ」

 1979年にスズキが初代「アルト」を発売すると、驚異的な低価格で大ヒットとなり、各メーカーが追従して軽商用車を発売したことで軽ボンネットバンブームが起こりました。

不人気にもほどがある!? ビックリするほど売れていない軽自動車5選

 ダイハツもアルトと同様に、1980年に軽乗用車「クオーレ」の兄弟車として、商用車登録の「ミラ クオーレ」を発売。アルトが低価格を最大の武器にしていたところに、スタイリッシュな外観のデザインで登場すると、女性を中心に人気となります。

 そして、常にアルトの競合車種として、ミラはモデルチェンジやラインナップの拡充を繰り返していきました。

 その後、多様化するユーザーニーズに対応するため、2011年に「ミライース」を発売。2018年には一旦ミラの名前は消えますが、「ミラ トコット」が発売されたことで現在でもミラシリーズは継続されています。

 そこで、初代ミラと最新のミライース、ミラ トコットの特徴を紹介します。

●「アルト」よりモダンなルックスで、女性に人気となった「ミラ」

 1976年に改訂された軽自動車規格により、各メーカーが360ccから550ccへと排気量の拡大と、全長3200mm×全幅1400mm×全高2000mmの新規格サイズへの対応を余儀なくされました。

 各メーカーの対応がひと段落した1979年に、割り切った簡素な装備で徹底的にコスト削減をおこない、当時は物品税がかからなかった軽商用車のメリットを活かしたスズキ「アルト」が発売され、47万円という低価格で大ヒットします。

 軽自動車のマーケットでスズキと競合していたダイハツもアルトと同様に、軽乗用車「クオーレ」の商用車版である「ミラ クオーレ」を1980年に発売。

 フロントを低くしたボンネットフードや角型ヘッドライト、その後の軽ボンネットバンで主流となった縦型レイアウトのテールランプなど、いかにも低価格車のデザインだったアルトと比べるとモダンな見た目で、とくに女性を中心に人気車種になります。

 同モデルは排出ガス規制が緩い商用車のため、比較的低コストで製造することが可能で、他車種から流用した550cc4サイクル直列2気筒エンジンを搭載した、ベーシックなFF車に仕立てられました。

 さらに、ボディサイズを全長3195mm×全幅1395mm×全高1370mmとしたことで、アルトより背が高い分だけ室内空間を広く取れたこともあり、アルトの2サイクルエンジンの音と排気の煙を嫌う層からは、広く受け入れられました。

 1983年には、軽自動車初となるターボエンジンを搭載した三菱「ミニカ エコノ ターボ」を追従するように、最高出力41馬力(グロス値)を発揮するターボエンジン搭載車も追加ラインナップ。ブレーキもフロントにディスクブレーキを採用するなど、上級なイメージで人気となります。

 そして、1985年に2代目が発売されて、バトンタッチすることになり、2代目以降もスズキとの争いは、さらに激化していきます。

■軽自動車の基本に回帰した「ミライース」と「ミラ トコット」

●最新モデルは「ミライース」と「ミラ トコット」

 1985年に登場した2代目ミラは「ターボTR-XX」を追加し、1991年には「アルトワークス」に対抗するべくモータースポーツベース「X4-R」が登場します。

 そして、1997年にはレトロな外観デザインの「ミラ クラシック」を追加し、ミラの派生車種「ミラ ジーノ」や「ミラ ココア」など、さまざまなニーズに応えるようにラインナップの拡充を図ります。

 しかし1995年にトールワゴンの「ムーヴ」が発売されると、徐々に軽自動車人気が背の高いワゴンにシフトし、さらに2011年に「ミラ イース」が発売されるとミラのグレードは一気に絞られます。

 その後2018年にはミラおよびミラ ココアの販売を終了。現在販売されている最新型のミラ イースは2代目で、高い質感の内外装ながら、低価格と低燃費を実現しているモデルです。

 エンジンは最高出力49馬力を発揮する直列3気筒DOHC自然吸気を搭載し、全長3395mm×全幅1475mm×全高1500mmで車重650kgと軽量なボディ(2WD車のL“SAIII”、L、B“SAIII”、B)を軽快に走らせます。

 車体の軽量化の恩恵として、JC08モード燃費35.2km/L(2WD車のL“SAIII”、L、B“SAIII”、B)という低燃費も達成。

 価格はもっとも安価なグレード「B」の2WD・CVT車で84万2400円(消費税込、以下同様)。この低価格ながら、エアコン、パワーステアリング、パワーウインドウ(フロントのみ)、パワードアロック、キーレスエントリーなどの快適装備に、セキュリティアラーム、SRSデュアルエアバッグ、ABS、VSCなどの安全装備が標準で搭載されています。

 さらに、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を搭載したグレード「B“SAIII”」でも、2WD・CVT車なら90万7200円と、低価格を実現。

 また、2018年には直線基調の外観と内装で、女性ユーザーをターゲットとした派生車「ミラ トコット」を発売。これまでのベース車に対して『盛る』から『シンプル』へ発想を転換し、女性のみならず、初めてクルマを買う若年層にも訴求しています。

 ミラ トコットの価格は、107万4600円からです。

※ ※ ※

 現在、各メーカーとも軽自動車の主力はスーパーハイトワゴンですが、1980年代から続く「ミラvsアルト」の販売合戦は、現在でも続いています。

 もちろん、ダイハツとスズキは多くの車種で競合となっており、これからライバル関係は続くでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します