サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【昭和の名車 111】マツダ R360クーペは、スバル360とともに軽自動車の先駆的役割を果たした

ここから本文です
以前に連載した「昭和の名車」では、紹介しきれなかったクルマはまだ数多くある。そこで、1960年代以降の隠れた名車を順次紹介していこう。今回は、「マツダ R360クーペ」だ。

マツダ R360クーペ(KRBB型/ATはKRBC型):昭和35年(1960年)5月発売
東洋工業(現・マツダ)はR360クーペの開発にあたり「膨大な試乗調査資料から電子計算機が引き出した『もっとも多くの人々が望む乗用車』の解答に基づいて設計した」と説明し、初めての自社開発4輪乗用車に強い自信を見せた。発表は1960年4月。

おすすめのニュース

サイトトップへ