サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロープライスのナナハンアドベンチャー「NC700X」が大人気に!【日本バイク100年史 Vol.115】(2012年)<Webアルバム>

ここから本文です

ロープライスのナナハンアドベンチャー「NC700X」が大人気に!【日本バイク100年史 Vol.115】(2012年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ホンダ NC700X 2012 年2 月
ホンダが新時代のスポーツバイクとして提案するニューミッドコンセプトシリーズの第1弾。低重心な車体や低速トルク重視のエンジンはシリーズ全車で基本的に共通のものだが、長距離走行時の快適性・実用性を重視したスタイルや足まわりを与えることで、アドベンチャーツアラー的な性格を持つモデルとなった。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

ヤマハ マジェスティ2012 年2 月
マジェスティの2012年のモデルは、精悍な新デザインのフロントカウルやYZF-R1と同構造のプロジェクターヘッドライト、新デザインメーターパネルなどを新採用。

スズキ スカイウェイブ250 タイプM 2012 年1月
ブレーキレバー部のゴムカバーを廃止、車載工具の内容変更、スタートスイッチリングの照明をオレンジにするなど小変更。

スズキ スカイウェイブ250タイプS ベーシック 2012 年1月
新色サンダーグレーメタリックが登場。レバーのゴムカバー廃止、車載工具の見直しの他にトランスポンダイモビライザーを変更。

スズキ スカイウェイブSS 2012 年1月
スクリーンレスのエアロマスクにクロームメッキのハンドルバー、ミラー、サイドスタンドを採用するSSが、車載工具の内容などを小変更して価格は据え置き。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
最新版【ニッポンのバイク112年歴史】オートバイ「2020年2月号」はこちら!

オートバイ 2020年2月号 [雑誌]posted with amazlet at 20.01.28
モーターマガジン社 (2019-12-27)
Amazon.co.jpで詳細を見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します