サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC代表、第2戦以降も「LMP2の性能を下げることはない」と追加調整の意図を否定

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権のフレデリック・ルキアンは、LMP2が新しいハイパーカーカテゴリーのペースを超えないようにするためのプロセスの一環として、2021年シーズンはすでに実施されている以上のパフォーマンス抑制措置をとらないことを確認した。

 WECの上から2番目に該当するプロトタイプフォーミュラは、LMP1から通常のサーキットで約5秒、ル・マンの舞台であるサルト・サーキットでは約10秒遅くなるように設定されたル・マン・ハイパーカー(LMH)規定に基づくハイパーカーよりも遅くするため、これまでに2回パフォーマンスの抑制が行われている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン