サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エンジンがないのにボンネットがある謎! EVが「エンジン車」と同じ形をしているのには理由があった

ここから本文です

 この記事をまとめると

■エンジンを搭載していないEVにもボンネットを有するクルマが多い

新車が消えゆくのは仕方ないが……すでに所有している「ガソリン車」にすら乗れなくなる可能性!

■ボンネットを設けることで居住空間や荷室空間を確保しやすい

■クルマの形状はクルマとしての機能だけでなく事故被害低減などとも深く関係している

 パッケージング流用で開発費を抑える狙いもある

 電気自動車(EV)にはエンジンが搭載されないので、その造形は必ずしもこれまでのエンジン車の姿である必要はない。しかし、いまのところ市販されるEVの多くはボンネットフードが客室の前に残り、見慣れたクルマの姿を残している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン