サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あの超高級ミニバン、レクサスLMの瞬間調光ガラスは、日本板硝子製!

ここから本文です
日本板硝子(NSG)の、 電源のON/OFFで瞬時に“見える/見えない”が切り替わる瞬間調光ガラス「UMU(ウム)スマート ウィンドウ」が、 量産国産車の車室内向けとして初めてLEXUSのラグジュアリーショーファーカー LM(2020年2月、 中国・東南アジアで発売開始)に採用された。

 瞬間調光ガラス 「UMU(ウム)スマート ウィンドウ」は、2枚のガラスの間に特殊な液晶シートを挟んだ合わせガラス。普段は液晶分子が不規則に並んでいるために光を拡散し「不透視」な状態だが、電圧がかかると整列し、光を通すため「透視」になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ