サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高速バス大手のウィラーが自動運転に参入!?タッグを組んだ意外な相手とは

ここから本文です

■高速バス業界変革がロボットタクシーに波及

 旅行業を手掛けるWILLER(ウィラー)が、ついに自動運転の実用化に踏み出すことを決めました。いわゆるロボットタクシーで2021年に実証試験をおこない、2023年に実用化します。

自衛隊愛用の「1/2tトラック」は購入可能? みんなが憧れる夢のオフロード車

 詳しい日程や場所は今回未発表。使用する車両は、ミニバスタイプの可能性が濃厚です。

 ロボットタクシーといえば、DeNAが日産と組んだり、トヨタが富士山麓で建設する未来都市「ウーブンシティ」などで運用する「eパレット」もロボットタクシーの仲間だといえます。そこに、バス業界の風雲児が本格参入するのです。

おすすめのニュース

サイトトップへ