サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、開幕戦でダブルリタイアもパフォーマンスには自信あり「毎戦優勝を狙って戦う」

ここから本文です
 アストンマーティン・レッドブル・レーシングチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、2020年シーズンは、メルセデスを相手にタイトル争いをするため、すべてのグランプリを“カップ・ファイナル”(サッカーの優勝決定戦)としてとらえて戦っていくと語った。

 第1戦オーストリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがわずか11周で電気系統の問題によりリタイア。アレクサンダー・アルボンはレース終盤にルイス・ハミルトンと接触、その後トラブルによりマシンをとめ、レッドブルにとって最悪の結果となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ