サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > CO2フリー水素のサプライチェーン構築へ、日豪6社が共同で調査へ

ここから本文です
岩谷産業、川崎重工、関西電力、丸紅の日本企業4社および、豪州のStanwell社とAPA社の2社は9月15日、豪州クイーンズランド州グラッドストン地区にて再生可能エネルギー由来の水素を大規模に製造・液化して日本へ輸出する「Central Queensland Hydrogen Project」について、事業化調査を共同実施する覚書を締結した。

ゼロカーボン社会の実現に向けて、水素は必要不可欠なエネルギー資源と期待されているため、海外からの輸送も視野に入れた水素サプライチェーンを構築する必要があると考えられている。

おすすめのニュース

サイトトップへ