サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【渥美心、世界への一歩】涙の走破! 世界で戦える自信を得た激動の672周/EWCボルドール24時間(後編)

ここから本文です

 9月18~19日、2021年FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦ボルドール24時間耐久ロードレース選手権がフランスのポール・リカール・サーキットで開催され、渥美心選手はフランスのチーム『OG Motorsport BY Sarazin』からスポット参戦しました。

 マシンは初めて駆るヤマハのYZF-R1で、タイヤはダンロップ。戦った結果は、全41台中総合7位、SSTクラス4位と上位でフィニッシュを決めました。

【渥美心、世界への一歩】掴み取った夢の切符。カルチャーショックの連続/EWCボルドール24時間(前編)

 前編は日本と海外のレースの違いや、フランスでともに戦ったチームの紹介をしました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン