サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 輸入車に乗ることは「積極的マイノリティを受容すること」と同義かもしれない

ここから本文です

運営元:外車王SOKEN
著者 :中込 健太郎

旧いクルマを所有することは「悪」なのか?オーナー同士で想いを共有してみた

月間最低でも5,000キロ以上、多いときは10,000キロを優に超える距離を走るようになって、改めて実感したことがあります。それは「クルマに乗ることで問われるのは社会性」だ、ということです。



自分勝手でもダメだし、受け身すぎるのもダメ。しっかりと意思表示と自己主張をしつつ、時に意に介さないことでも受け入れる。全体の流れは大事。まあ、わかっていても、今では昔の運転を振り返り、あの時こうしていればよかった、と反省することも少なくありませんが。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン