サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【外国人は悩み日本人は恐怖!】オリンピックで混乱必至の「日本独自の運転ルール」5選

ここから本文です

【外国人は悩み日本人は恐怖!】オリンピックで混乱必至の「日本独自の運転ルール」5選

 外国人ドライバーが日本独自の運転マナーに慣れるのは困難

 オリンピックイヤーとなった2020年の日本。インバウンドと呼ばれる外国人観光客の数が、目に見えて増加している。とくに、東京、大阪、京都などの都市圏や観光スポットでは、ここ数年間でインバンドが一気に増えたことを肌で感じている方も多いはずだ。

えっ、海外じゃ通用しないの? 日本でしか通じないクルマにまつわる和製英語17選

 そうした外国人観光客の移動手段は、基本的には国内航空、鉄道、バス、タクシーを使うことが多い。だが、人によって、または場所によってレンタカーやカーシェアで自ら運転する場合もある。もっとも多いのは、沖縄である。

 沖縄でも外国人観光客の運転を実際に見ても感じるのだが、日本独自の運転マナーになかなか慣れない人も多くいる。そうした、外国人ドライバーが悩む日本独自の運転マナーや、運転方法について考えてみた。

 1)黄色信号はGO!?

 交差点で、日本の信号機はすべてが赤になる時間がしばらくある。その手前である黄色の状態では、日本人は交差点に滑り込むように入ってくる場合が多い。

 一方、海外では全方向の信号機が赤になる時間が短い国が多いため、日本のような運転行動を取らない。そのため、外国人ドライバーとしては黄色で停止しようとすると、後方車が急ブレーキを踏んだり、あおってきたりして、ヒヤヒヤしてしまうこともある。

 2)サンキューハザードに馴染みがない

 高速道路の合流などで、道を譲ってくれた相手に対して非常点滅(ハザード)ボタンと押して行う、いわゆるサンキューハザード。海外でも、一部の国では長距離トラックが使うが、普通車では一般的ではない。

 そのため、外国人ドライバーはサンキューハザードは、相手が故障したのかと勘違いしやすい。

 国土が広い国の多くは前向き駐車が基本!

 3)後向き駐車に違和感

 スーパーやコンビニなど、アメリカなど国土が広い国の多くが、前向きで駐車する。そのため、アメリカ人観光客はよく「日本人は、駐車に神経質な国民だ」という印象を持つ。

 なお、欧州の都市部では、駐車スペースが日本と同じように狭いために、後向き駐車をする場合も多い。

 4)晴れていても交差点でワイパー

 マナーではないが、クルマの構造的なこと。ウインカーとワイパーの位置が、ハンドル左右で逆のため起こる。日本人が海外でレンタカーを借りる場合、または日本で日頃、日本車を乗っている人が海外メーカー車に乗るとよくやってしまうことでもある。

 5)ガソリンスタンドでドアを開けっぱなしで降りることを嫌う

 アメリカなどでは、カージャックの危険性があることから、助手席の女性がとくに嫌う行為。こうした状況で、最近はリモートキー時代になり、カージャックが難しくなったとはいえ、同乗者へのエチケットとして、ドアは閉め、できればロックすることが望まれる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します