サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > どうしてそうなった キャンピングカーに魔改造された「ニュービートル」がオークションに出品

ここから本文です

どうしてそうなった キャンピングカーに魔改造された「ニュービートル」がオークションに出品

どうしてそうなった キャンピングカーに魔改造された「ニュービートル」がオークションに出品

 フォルクスワーゲン「ニュービートル」とキャンピングカーを融合させた魔改造ビートルがオークションに出品され、海外で大きな注目を集めていました。

 ベースとなったフォルクスワーゲン「ニュービートル」。「世界一売れた自動車」として知られているフォルクスワーゲン「Type 1」の後継モデルで、2010年まで生産されました。

VWパートナーがビートルを電動化 Type 1をベースにしたEVカスタム「e-ビートル」発売、愛車をベースにするキット販売も

 出品されたキャンピングカーは、中央で切断されたビートルの車体中央に、キャンピングカーのトレーラーを配置した姿になっています。

 トレーラーはニュービートルの横幅を超える大きさがあり、小型車のビートルらしからぬサイズになっています。

 車内はパイプがむき出しのままで、エンジンも故障しているなど、不具合を抱えたままですが、オーナーは修理とカスタムを諦めてオークションに出品することにしたそうです。

 販売価格は600ドル(約6万4560円)で、すでに売却済みとなっています。新しいオーナーの手でキャンピングビートルが完成することを祈ってます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します