サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1の主張通らず。ハミルトンのペナルティに関する再審請求は棄却。提出証拠は無効との判断

ここから本文です

 レッドブル・レーシングは、F1第10戦イギリスGPでのルイス・ハミルトン(メルセデス)への10秒ペナルティについて再審理を請求したものの、スチュワードは、審問を行った後に、これを棄却した。

 イギリスGP決勝1周目、首位を争うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とハミルトンが接触、フェルスタッペンはコースオフし、バリアに激しくクラッシュした。フェルスタッペンに幸いけがはなかった。

レッドブルF1がハミルトンのペナルティについて再審理を請求。ハンガリー直前の審問が決定

 スチュワードは、接触の責任の大部分がハミルトンにあると判断し、10秒のタイムペナルティを彼に科した。ハミルトンはこのペナルティを消化した上で、優勝を飾った。

おすすめのニュース

サイトトップへ