サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 電子戦や宇宙も視野に 令和初となった「総火演」写真100枚と映像で振り返る 「島の防衛」想定した作戦シナリオを展開

ここから本文です
 2019年8月25日、日本一の山「富士山」の麓にある東富士演習場(静岡県御殿場市、小山町、裾野市にまたがる一帯)で、陸上自衛隊による最大級の実弾演習「令和元年度富士総合火力演習」が開催されました。

 今回の総火演は新元号「令和」に移ってから初の実施ということもあってか、事前に行われた観覧チケットの抽選には約14万通の応募があったそうです。倍率はなんと約27倍! 当日の会場には、狭き門をくぐり抜けて、プラチナチケットを手に入れた人が集まり、戦車などの砲弾が発砲される轟音や衝撃波にどよめきをあげ、迫力満点の実弾演習を観覧していました。