サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスベンツ Aクラス 大幅改良へ、ハッチ&セダンに急接近!インテリアが大進化

ここから本文です
メルセデスベンツが現在開発を進めるエントリーモデル、『Aクラス』改良新型のハッチバックとセダンの最新プロトタイプを同時スクープ!インテリアも激写することに成功した。現行「W177」型は、2019年モデルとして2018年に登場、これが初の大幅改良となる。

スクープサイト「Spyder7」がスウェーデン北部で捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュ、ハッチバック、セダンともメッシュグリルが新たに採用されている。またメルセデスのロゴが配置されるグリル中央には、電子運転支援システム用のセンサーが収納されているように見える。

おすすめのニュース

サイトトップへ