サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP日本GPこぼれ話】中上貴晶、来季のマシンは? ミル、“ストーナー・スタイル”で成長

ここから本文です
 MotoGP第16戦日本GP予選を終えて、MotoGPクラスはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がポールポジションを獲得した。いつもどおり……とつい思ってしまいがちだが、意外なことにマルケスがMotoGPクラスに昇格して以来、ツインリンクもてぎのトップグリッドにつくのは、じつは今回が初めて。

 ちなみに、マルケスが最高峰に昇格した2013年にもてぎでポールポジションを獲ったのはホルヘ・ロレンソ。2014年はアンドレア・ドヴィツィオーゾ。以後はホルヘ・ロレンソ、バレンティーノ・ロッシ、ヨハン・ザルコ、ドヴィツィオーゾ、という顔ぶれが歴代日本GPのポールポジションである。

おすすめのニュース

サイトトップへ