サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール「前回と違ってうれしい驚きはないが、いい結果を出せる可能性はある」フェラーリ/F1第7戦金曜

ここから本文です

 2021年F1フランスGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=11番手(1分34秒950/24周)/2=5番手(1分33秒550/23周)だった。どちらのタイムもソフトタイヤで記録している。

 カルロス・サインツはフリー走行1=16番手(1分35秒342/24周)/2=8番手(1分33秒698/24周)という結果だった。FP1ではハードタイヤ、FP2ではソフトタイヤで自己ベストタイムをマークした。

フランスGP FP2:フェルスタッペンが初日最速。メルセデス勢が2、3番手、アロンソが4番手に続く

 今回、2台ともにコントロールエレクトロニクスのシーズン2基目が投入された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン