サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、イギリスGP”接触後”のメルセデスの振る舞いに「まだ失望している」

ここから本文です
 F1第10戦イギリスGPのオープニングラップで発生したルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のクラッシュを受けて、レッドブルは事故自体の他、その後のメルセデスとハミルトンの振る舞いに不満を持っている。

 クラッシュで51Gもの衝撃を受けたフェルスタッペンは、念の為病院に搬送され、検査を受けた。スチュワードは、接触の非はハミルトンにあったとして10秒のタイム加算ペナルティを科したが、そんな状況だったにも関わらず、母国GP8勝目を挙げたハミルトンはレースフィニッシュ後に大喜び。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン