サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エンジンオイル交換は暖機後が必須。フィルター交換は手締めで〈不動中古車復活プロジェクト〉

ここから本文です

5年間冬眠CB1000SFを蘇らせる

ナンバー返納後に冬眠すること5年、’92ホンダCB1000スーパーフォアの復活プロジェクトに取り組む『モトメカニック』編集部。本記事ではエンジンオイルの交換手順を紹介する。このCB1000SFのように長年冬眠していたバイクでも、まずはエンジン始動を試み、エンジンをしっかり温めてからオイル交換を実施したい。エンジンオイルは温まると流動性が高まり、より多くの古いオイルを抜き取れるようになるからだ。

薄暗い作業環境でのバイクメンテナンスがはかどる最新型LEDライト×3選〈ストレート〉

エンジン始動後に十分な暖機運転を行ってから、古いエンジンオイルを抜取った今回。

おすすめのニュース

サイトトップへ