サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アブダビGP開催のヤス・マリーナ・サーキット、レイアウト改修を実施。オーバーテイク促進を目指す

ここから本文です

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットは、2021年シーズンのF1最終戦開催に向けて、オーバーテイクを促進すべくレイアウトの修正を行なうことを発表した。

 2020年の最終戦では、トラック上のアクションがほとんど起こらなかったため、レースプロモーターたちはサーキット改修の可能性を検討することで合意していた。

■TV放送の情報表示だけじゃない! アマゾンの機械学習ツールは、F1の未来にどう貢献しているのか?

 サーキット側の発表によると、改修計画にゴーサインが出たため、いくつかのコーナーの改修作業がまもなく開始されるとのことだ。12月12日に行なわれるアブダビGPまでに間に合うように、作業が進められる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン