サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ WR250X「トレール車を生み出したヤマハ最後の高性能トレール車」【カメラマン柴田直行/俺の写真で振り返る平成の名車】第20回(撮影2007年)

ここから本文です

ヤマハ WR250X「トレール車を生み出したヤマハ最後の高性能トレール車」【カメラマン柴田直行/俺の写真で振り返る平成の名車】第20回(撮影2007年)

250ccバイクの歴史上においても、WR250シリーズは革新的だった
ゴーグルでの撮影を始める前はドップリとモトクロスの世界で写真を撮ってきた。オフロードバイクなのでマニアな話になるがあしからず。

2007年にハイパースポーツな4ストトレール車として、前21/後18インチのフルサイズオフロードタイヤを装着したWR250Rが発売された。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

そして兄弟車であり前後17インチタイヤを履いたモタードバージョンが今回の写真のWR250X。

トレール車というのは公道用のオフロードバイク。WR250Rの登場以前は各メーカーに上級者むけのハードな2ストトレール車がラインナップされていた。いわばオフロードのレーサーレプリカ達。

なんせ90年代まではレース用のオフロード車は2ストエンジンばかり。そんな中でヤマハが4ストでブレイクスルーして新時代を築く。

それ以降は全メーカーのレース用オフロード車が4ストにシフト。2ストが悪かったわけではない。レース規則で2ストの排気量の2倍が許された4ストが世界中のレースライダー達に選ばれた。
 
そんな訳で昔の4ストオフはツーリングバイクだったが、この4ストモトクロスバイク登場以降は、4スト=速い! 格好イイ! というイメージに変わった。

そして公道用では排気ガス規制強化に対応できない2ストトレール車の代わりに、ハイパースポーツトレールとして4スト車のWR250Rが2007年に登場した。

他社が追従しなかったこともあり、当時は段違いのオフロード性能を有していたWR。エンジンはあのYZF-R1の単気筒版といえるもの。

排気ガス規制に対応するためとはいえ、ダウンドラフトストレート吸気やフューエルインジェクションはレース用のモトクロスバイクよりも先を行く装備だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します