サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタとの僅差の争いをアルピーヌA480が制しPP獲得/WEC第2戦ポルティマオ予選

ここから本文です
 LMP1に代わってル・マン・ハイパーカー(LMH)規定が導入された2021年のWEC世界耐久選手権。そのシーズン第2戦となる『ポルティマオ8時間レース』の公式予選が6月12日、ポルトガル南部のポルティマオ(アルガルベ国際サーキット)で行なわれた。

 LMP1ノンハイブリッドマシンでハイパーカークラスに参戦するアルピーヌ・エルフ・マットミュートの36号車アルピーヌA480・ギブソン(アンドレ・ネグラオ/ニコラ・ラピエール/マシュー・バキシビエール)が最速タイムをマークし、ポールポジションを獲得している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン