サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ラグジュアリーで使い勝手の良い室内空間が堪能できる1台、日産 3代目エルグランドに欠点はあるのか?

ここから本文です

ラグジュアリーで使い勝手の良い室内空間が堪能できる1台、日産 3代目エルグランドに欠点はあるのか?

日産 3代目エルグランド(QR25DE/VQ35DE型)には、ラグジュアリーで使い勝手の良い室内空間や安全装備などの長所があります。購入を検討しているけれど、エルグランドにはどのような欠点があるのか?気になっている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、エルグランドに欠点はあるのかどうか、詳しくチェックしていきます。

日産 3代目エルグランドの室内は狭い?

エルグランド、アルファード…6人以上乗れる速い車5選!


エルグランドのライバルとしては、トヨタ ヴェルファイアとトヨタ アルファードが挙げられます。エルグランドの室内空間は、ライバル車と比較してみて小さいのでしょうか。それぞれの車格と室内の大きさを確認してみましょう。
・エルグランド:全長4,965~4,975mm×全幅1,850mm×全高1,815mm、室内長3,025mm、室内幅1,580mm、室内高1,300mm
・ヴェルファイア:全長4,935mm×全幅1,850mm×全高1,935mm、室内長3,210mm、室内幅1,590mm、室内高1,400mm
・アルファード:全長4,945mm×全幅1,850mm×全高1,935mm、室内長3,210mm、室内幅1,590mm、室内高1,400mm
比較してみると、エルグランドはヴェルファイアとアルファードよりも全長は大きく、室内長、室内幅はヴェルファイアとアルファードよりも小さいことがわかります。そう考えると、エルグランドの室内はライバル車と比較して狭いといえるかもしれません。
しかし、エルグランドの室内も一般的な普通車と比較すると、広々快適な空間となっています。室内高は1,300mmと、ライバル車と比較すると一見小さく見えますが、一般的にみると十分にゆとりのある大きさで、背の高い方でも不便なく乗り降りできるのです。
そのため、エルグランドに乗っていても室内が狭いと感じることはないでしょう。


日産 3代目エルグランドの燃費は悪い?

日産 エルグランドの燃費は2WD(2輪駆動)のWLTCモードで2.5L が10.0km/L、3.5L が8.7km/Lとなっています。また、4WD(4輪駆動)のWLTCモードの場合は2.5L が9.7km/L、3.5L が8.4km/Lとなっています。
この数値も室内空間同様に、ライバル車であるトヨタ ヴェルファイア、トヨタ アルファードと比較していきましょう。
ヴェルファイア、アルファードの燃費はともにWLTCモードでガソリンモデルが9.9~10.8km/L、ハイブリッドモデルが14.8km/Lとなっており、ガソリンモデル、ハイブリッドモデルのどちらもエルグランドよりも燃費が優れていることがわかります。
エルグランドの燃費はライバル車に劣ってはいますが、それほど悪いわけではありません。大きな車格や排気量を考えれば、エルグランドの燃費は十分な数値であるといえるでしょう。
また、エルグランドにはECOモードが備わっているため、燃費や環境に配慮した走りも可能です。ECOモードはスイッチをONにすることでアクセル操作の補正やCVTのレスポンス、変速スケジュールをトータル制御します。
この他にも、不要なエンジン回転数の変動を抑制するスマートレブコントロールやエコな発進をサポートするスムース発進アシストも備わっており、エコドライブをサポートしてくれるのです。

日産 3代目エルグランドは手を出しづらい価格?

エルグランドの車体価格は、478万600円~556万500円となっています。購入時はこの価格に加えオプションの価格や税金などもかかるため、支払い総額はベースグレードでも600万円以上になることが考えられます。
同じ日産のミニバンであるセレナが400万円台で購入できることを考えると、エルグランドは少々手を出しづらい価格であるといえるかもしれません。
エルグランドの価格は、ライバル車であるトヨタ ヴェルファイア、トヨタ アルファードと比較しても高いのでしょうか。
ヴェルファイアとアルファードの価格をみてみると、ヴェルファイアの車体価格は424万円~508万8,400円、アルファードの車体価格は394万1,000円~775万2,000円となっています。
エルグランドは、最上位グレードの価格はライバル車と比較して安価ですが、ベースグレードの価格は高くなっています。そのため、エルグランドはライバル車に比べて手を出しづらい価格だといえるかもしれません。

エルグランドには、室内の狭さや燃費の悪さといった欠点がありました。
しかし、それらの欠点はライバル車と比べて少し劣っているというだけで、エルグランド単体でみれば欠点とはいえません。
また、ベースグレードの価格はライバル車よりも高いですが、最上位グレードはライバル車よりも安価に設定されているため、最上位グレードは手を出しやすい価格に設定されています。
ラグジュアリーかつ快適な室内空間と優秀な環境性能などを兼ね備えたエルグランドは、優秀なクルマといえるのではないでしょうか。
※2021年7月現在

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します